刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルイマン

なんと!・・・・といってもさっきふと思い出したのだが、丸の内でナンパされた!

実は丸の内OL気分を味わいたい、なんちゃって癖の私は丸の内クリスマスをふらふら闊歩。

とそこに後ろを追い越してきてこちらを振り向いているお兄さんが。



「あの・・・あんまり素敵だから見とれてしまって、いやナンパとかじゃないんですけど」

(ナンパだ!)

「本当にお綺麗ですね」

(あら、蓼食う虫も好き好きといったよき言葉が日本にはあります)

「なんていうかちょっと憂いを帯びた感じとか、

(なんといっても日本根暗倶楽部会員なので^^)

・・・すごい気品みたいな雰囲気があって」

(鬼畜信仰会に入っているのもよかったのかしら)


「どうやったらそんなに綺麗になれるのか秘訣を教えて欲しいと思って」

(そんな言葉!かつて聞いたこともないし、これからもきっと聞くことはない!嘘でも、お世辞でも、世界ひろしといえど私にそんなことを言ってくれるのはあなただけ!)

「ファッションも素敵でよく似合ってるなぁと思って」

(在り合せコーディネイトと称してます)

「センスあるな・・・」

(昨日、ベルトが剥げかかってるのをサインペンで塗ったのがよかったのかな!)

「赤いマフラーも引き締まっていて」

(血液色です)

「僕も教えて欲しいなぁ・・なんて」

(ええ・・・その白いスーツに白ジャケットは如何なものかと思うわ。白スーツというのは似合えば王子様、似合わなければ犯罪者という恐怖色なのです。今すぐお付き合いしてさしあげて、その白を訂正したい!)


「僕、雑誌のライターやってて、そこで打ち合わせだったんですけどね)

(丸の内喫茶で打ち合わせするライター!それ私の憧れじゃない!)

「どうですか、お茶でもおごらせてください」

(ローン50万円の英会話教材か、ローン75万のエステ勧誘か、はたまた金運ネックレスの販売、どれだろう!?)・・・・


とまぁ、そんなことはどうでもいいのですが、ベルイマン映画祭に行ってきました。前回の舞台「楽園狂想曲」で気に入りのキャラクター、ゲイで音楽家の咲岡という男が登場してきた。この咲岡という男は「サンタモニカ」という名前の小鳥を飼っていて、珈琲を好み、少し品のいい広めの部屋に住み、好きな音楽家はサティ、好きな監督はこのベルイマンというなんともいえない男性なのだ。そうして楽園の台詞で夕空という恋人の男に向って

「ベルイマン監督の沈黙って知ってるか?」

と話しかけるシーンがある。


昨日、風邪をひかせていただいて、関節痛いわ、発熱するわで大変なことになっていたので、1作だけと思って「秋のソナタ」を見たら、これが縛れて縛れて、氷ついてしまって、身じろぎも出来なかったので、引き続いて2作目の「夢の中の人生」も鑑賞。ベルイマン監督はレンズ越しに何を見て、なんのためにレンズを見ていたのだろうと思う。それは生を通じて何を見て、なんのために生を生きるのかという問いかけに似ている気がする。なんだかその素晴らしさをどういったらいいのかうまく説明できないのでソンタグ評をのせておく。


≪ベルイマン映画のいくつかは―現代の精神状況についての生半可なメッセージが詰め込まれているにも関わらず―監督自身のもったいぶった意図をみごとにこえて勝ち誇っている。「冬の光」と「沈黙」において、映像の美しさ、その視覚的洗練が、物語と台詞の知的めかした青臭さ、われわれの目の前で覆してしまう。すぐれた映画は、必ずわれわれを、解釈の要求から完全に解放してくれるところの直接性をもっている。(スーザン・ソンタグ『反解釈』より)≫














トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/88-2c474c27

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。