刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人もぞっとする初版グリム童話

~ずっと隠されてきた残酷、性愛、狂気、戦慄の世界~


グリム童話研究会代表 由良弥生(1999)


グリム兄弟は18世紀後半の生まれ、民間伝承、言語学の研究者であった。グリムは取材や文献を通して莫大なドイツの民話を収集したわけであるが、彼らは最初の初版から7回の改作をしている。回を重ねるごとに残酷な内容は省かれ、品のあるものに変わっていったわけであるが、これはその初版に注目して初版を訳したものである。


『ヘンゼルとグレーテル』

両親に森に捨てられたヘンゼルとグレーテルは森の中でお菓子の家を発見する。それは魔女が住む家だった。グレーテルはヘンデルを食べようとして兄を肥らす魔女の隙を見て、魔女を釜に突っ込む。その瞬間、なぜか魔女に母の顔を見る。グレーテルは火かき棒で魔女を釜に突っ込み、笑いながら殺してしまう。家に帰ると母はいなくなっている。グレーテルは母を飢えた父が食べたのではないかとかんぐる。


『灰かぶり』(シンデレラ)

二人の姉はナイフで踵や指を切り落とし、血だらけになりながら靴を履く。実は灰かぶりは邪眼を持っていて、屋敷を出るやいなや、その眼が力を持つ。その眼に見られた姉達はお互いの目に指を入れてくりぬいてしまう。


『赤ずきん』

赤ずきんは貴族の女がかぶっていた真っ赤な帽子を欲する。赤ずきんは狼に命じられるまま服を一枚一枚脱ぎ、狼に添い寝する。赤ずきんは憎憎しげに狼の腹に石をつめる。そして、最後に狼が自分を嫌っていたのかしらと嘆くのだった。



次の作品はグリム童話を取り上げる予定である。下調べする中で単純なストーリーが複雑多岐な要素を含んだものとして認識され面白い。久々の原作もの、原作をやるからの意味をきちんと出したいものだ。




トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/70-0b4a0a33

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。