刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックステージ106

研究と遊興の一心で北新地のマジックバー「マジックステージ106」に行ってきました。
『酔筆奇術偏狂記』のチラシを置いてもらおうとしたら、オーナーのルビー天禄さんが「天耕さん、知ってますよ。若い頃はお世話になりました」と言って下さいました。ルビー天禄さんはお若い時に祖父の招きで和歌山に行って、マジックを披露したとか。また、祖父を知ってる人に会えて感激しました。

ショーはテーブルマジックを何本か見せてくれた後、ステージマジックへ展開。イリュージョンの道具ものや鳩、トランプ、ハンカチ、コイン、チャイナリングからメンタリスムまで色々趣向が凝らされ楽しかったです。上手なマジシャンの手の動きは綺麗で見飽きることはありませんね。中でも音楽を決めてから奇術を考案するという私とよく似たタイプ(恐れ入ります)のルビー天禄さんが演出した、サザンオールスターズに乗せて爆音で展開するマニピレーションの妙にはロックオンされました。

プロフェッショナルの奇術は到底真似できるものではなく、再び演出をどうしたものか悩みます。マジックの本質が何なのか更に煩悶するものの、想像外に楽しい時間。今まで俄然、テーブルマジック派だと思っていましたが、サロン、ステージとっても惹かれました。やはり舞台の人間ですね。噺家然とした味のあるトークといい、タランティーノ的(敢えて言うけど)ダサカッコイイミキシングがこそばゆいアレンジといい、上品な笑いも感じが良く、「マジックステージ106」に行ったら楽しめること請け合いです。


トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/685-91fa09b4

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。