刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMオペラ~上海的処女篇(R18+)

サディズムとマゾヒズム。
生物としての人間を考えたら、こういう世界観に即して生きる瞬間こそ、幸福呼ばれてしかるべきなのだ。
自分で書いておいて言うのは何だが、本作の台詞がとても好きだ。
イメージ通りに一言一句、読んでくれると嬉しいし、下手に読まれると腹が立つ。
およそ、台詞の細かい部分にまで執着するタイプではまるでないのだが、この作品ばかりはどうも気になる。
本番でもリハーサルでも「恍惚」というものを大切にするのは、文学的にも演劇的にもBクラスなのだろうが、それでも楽しいものは楽しい。どうぞ観に来てと普通なら書くところだけど、あえて、どうぞ感じて下さいと言いたい。


◎title
S/M オペラ
~上海的処女篇(R18+)


◎date
2014年6月
20日(金)2000
21日(土)1900
22日(日)1900
※開場同時開演。
※演出上の都合により、開演10分後から15分間の入場を禁止。
※18歳未満の観劇は不可。


◎venue
「藝術中心◎カナリヤ条約」
※地下鉄・四ツ橋線「北加賀屋」駅下車。4号出口から徒歩7分。
※大阪市住之江区北加賀屋5-5-35
http://canaryconvention.wordpress.com/
(スマホまたはPC推奨)

◎performers
中村萌
遠藤智子 / 順芳 / せんのさくら / 片岡結衣 / 高木裕希
地案(20日・22日に出演) / ackey(21日のみ出演)
フェティッシュパフォーマンスグループ【B.B】
飯干未奈

◎musicians
佐藤香聲(keyboards / E.bass)
山田真一(piano)
多賀聡(drums)


◎admission fee
【全席自由、1ドリンクつき】
前売:3,000円
当日:3,500円


◎outline
1920年代の上海。西洋の列強が開いた国際祖界と人民によって組織される反乱軍が、さながらチェス盤上の駒のように配置されていた。この魔都の娼館に、西洋紳士が若い恋人を連れて現れる。そして「ここで客をとらせて、官能を磨かせたい」と、彼女を預ける。娼婦として生きはじめる彼女。やがて一人の中国人青年テロリストが西洋人の彼女に恋をしてしまう。


◎ワーク・イン・プログレス(2013年10月)の動画
※字幕ONで再生
http://www.youtube.com/watch?v=R2-O8NnPj6k

OperaFront.jpg

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/680-b9aba818

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。