刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 堀容子さん

五月のある日、嬉しいお知らせが舞い込んできました。
なんと舞台美術家の堀容子さんが、舞台美術の栄えある章を受賞したというお知らせです。

●第40回伊藤熹朔賞奨励賞
堀容子さん
(OSK日本歌劇団『BLIND ブラインド~耳なし芳一より~』、いるかホテル『木曜組曲』、遊気舎『剥製の猿』の装置に対して)

恥ずかしながら、伊藤熹朔賞という賞があることも知らなかった私ですが、なんでも舞台美術界唯一の賞ということで、嬉しい限りです。堀さんは2006年の「倦怠アヴァンチュール」初演と2005年の「夢の花床」で美術(舞台装置)を作ってくださいました。
丸みを帯びたフォルムで伊東豊雄などのルーツを感じさせる現代的なデザイン。シンプルな中にも多くのディティールを詰め込んだ深みのある美術は、思わず見入ってしまうものでした。多くの劇団が予算不足に悩み、映像や音楽への傾倒し、美術から淘汰される厳しい中、自分のスタイルを貫いて続けてこられたのだと思います。

久々に連絡いただいて、私もお祝いのメールを返しましたが、その中に
「とにかく諦めないことです」
と書いておられ、その言葉の重みにぐっと頭が下がりました。

女性の小さい体で木材を担ぎ、自分の何倍もある美術を作り上げる。チェーンソー、塗装噴射機・・さまざまな道具を操作し、倉庫の中で、朝から晩まで休むことなく美術を作っていた堀さんの姿を思い出します。

自慢じゃないですが、私は数時間手伝っただけで、倉庫内の熱気と過酷労働に熱中症でぶっ倒れました。

舞台美術というものは、街の建築物と違って、すぐ消えるパビリオンみたいなもので、わずか週末公演2泊3日程度の命です。建てては壊し、建ててはまた壊すだけ。いつも消えゆく自分の美術を愛おしそうに見ておられました。

作品にも思い入れのある方で、劇団のクリエイションスタイルなんかも色々とアドバイスいただきました。
また一緒にやれる日が来るといいなぁ。

本当におめでとうございます。


トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/647-db1b5735

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

少しの時間の為に多くの時間と多くの知恵と多くの労力を注ぎ造られるって凄い。舞台セットも役者さんですね。

  • 01/06/2013
  • みうら♪ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
☆お早う御座います。

>舞台美術家の堀容子さん~なんとなくイメージ分かりますね。v-218

  • 01/06/2013
  • amiami ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: タイトルなし

みうら♪さん
はい。バラシは時間との戦いで名残を惜しむ間もありません・・・。
ありがとう、舞台美術です。

  • 03/06/2013
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: ☆お早う御座います。

amiamiさん

堀容子さんは『臨死!!江古田ちゃん」という漫画に出てくる「隠れ猛禽」というキャラクターに似ております。
あ、なんか誰も知らない話題をごめんなさい。そしてこの話はオフレコで・・・

> >舞台美術家の堀容子さん~なんとなくイメージ分かりますね。v-218

  • 03/06/2013
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
お早う御座います。

>『臨死!!江古田ちゃん」という漫画・・・・・・・鳥居みゆきさん主演TVよく観てましたよ。。。。鳥居さんのキャラ好きですね。。。v-222

  • 03/06/2013
  • amiami ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: お早う御座います。

鳥居みゆきさん!私は実写版は観ていないのですが、amiamiさんの守備範囲の広さにびっくりです!

  • 09/06/2013
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。