刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法にかけられて

日和からモレスキンの手帳をいただいた。ヘミングウェイが愛用していたというモレスキンは渋い黒皮に同じく黒のゴムバンドがはめてある、あえて無地のものを選んでくれたそうだ。実は欲しいなと思いつつも、ちょっと手帳にしてはお高いので手が出なかった代物だ。日和は「手帳だけは贅沢に」と言い、まさか彼女から不要の要を諭されるなんてと苦笑。私がずっと彼女に不要の要を伝えてきたのに。


代表に強烈にお勧めされた「魔法にかけられて」を二人で見に行った。ハリウッドとディズニーの合作かくや。アメリカの持つサクセスドリーム志向とポジティブなパワフルさ。ディズニーの洗浄しきったような、潔癖ワールド。そしてハリウッドとディズニーの持つ技術力の高さ。チケットを買って、映画館の椅子に座りさえすれば、あれやこれやと取り合わせ間断なく提供し、観客の手取り足取り・・・5分後に危機、10分後に爆発、2分後に恋、3分後にまた危機・・立ち直ってハッピー・・・みたいなサイクルで。


ハリウッド作品はとても綿密で高度なメソッドだなぁ、といつも見ると感心しています。

ウォルト・ディズニーは我々の夢というものを完全に土臭い匂いから切り離したところの一大ビジネスを展開したた。まさに消毒液の匂いがする夢やら子供の世界やら、よくやったものだ。


三名 「二次的三次的想像力を引き出す作品にまさるものはないよね」

日和 「私もです。例えば日本映画は空白がありますよね。余地が。それがいいですね。」

三名 「そうよね、白い部分が一番大切」


日和「私は演じるときにとことん考え抜いたんです。分からないセリフは言えなくて、その理由をとことんまで考えて言えるようにする。・・最近では、理解が深まり、考えずに分かるようになりましたけどね」


日和の演技はその向こう側にある世界を垣間見せてくれた。表情や仕草が意味を超えていくところに、矛盾の中にこそ、真実や説得力があるということを分かっていた。また本人もそれを見せることを重要視し努力していたように思う。彼女は誰にも分かってもらえない無用の努力をしていた。けれども無用の努力こそ、表現を愛した証拠じゃないかな。


彼女は今夜、旅立ちました。遠くにいても、一緒に何かしていくつもりです。ですが、ひとまずは日和を応援してくださった方々、お世話になった方々にここで御礼申し上げます。ありがとうございました。




トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/64-ff2685eb

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。