刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stop the ///

ここ数日、私の周りで色んな人が泣いたり、苦しんだりしていた。一方で、微笑んだり、小躍りしてる人たちもいた。それで私はなんとなく流転する世界を止めるでもなく、かといって流されるでもなく、レコードを抑える針のようなポジションで冷たく屹立して、黙って世界の盤面を見つめていた。ひたすら違和感の中にいる。もちろん波のようなものが何度かやってきて、多少の言葉と行動とが必要とされるような時もあった。

この週末、いつも本当に良くしてくださるファンの方にシャンソンに連れていっていただいた。シャンソン歌手の市原さんは、実は私の母校、関西学院大学のOBにあたる方で女優から転身して歌手になられた。市原さんは女優だからか情動を突き放したように歌うところがいいと思う。シャンソンといえば、友人の海音が遠くフランスから便りをくれて、そのことが歌声に重なった。

最近、パリのオペレッタ映画などを観たりしてフランスのことを思い出したりしていた。巴里の、照り映えるセーヌの、ルノアールの、キキの、ルーブルの、ニケ像の、ユトリロの、コクトーの、シャネルの、モンマルトル、モンパルナス、ポンヌフの、カラックスの、目のない絵、シャンゼリゼ、エッフェル、革命広場、凱旋門。脈絡もなく、考え出すと随分と長い間、閉じ込めらた蛾のようなイメージが、躍り出てくる。どれも気が狂っていて、窓にぶつかったり、壁にぶつかって、鱗粉を散らして、いとも簡単に体液を垂らして、だらしなく尽きたり、もしくは飛び去って片鱗もなくなってしまう。そんなイメージの散乱って誰にでもあるのかな。なぜか巴里のことは忘れられない。


シャンソンに行った後は、倦怠アヴァンチュールにも来ていただいた、新地のクラブのママさんのもとでお酒をいただいたりなんかした。彼女の目に映る世界は、私のそれよりももっと万華のようなものなんだろう。

しょうもないコピーを思いついた。

世界が今よりおかしくなったら、歌を作ろう。その時は私が世界だ。
白色テロルは3/28(木)20:00~、梅田am hallです。
白昼夢を見たい方、中でもとりわけ精神と髪型の不安定な白昼merにお勧めです。



トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/625-6294a236

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

みうら♪は基本的に髪型は丸坊主です。

白色テロルさん8時なら余裕で行けます。\(^-^)/

  • 02/03/2013
  • みうら♪ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。