刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の予定

今後の予定です。


●3/28(木)「白色テロル」@am hall
梅田am hallでワンマンやります。

ドラマーの初夏が東京に行っていた間、リズムトラック担当してくれたshinomyさんがゲストで出演してくれます。
第1部は初のエレクトロな白色テロルワールドに挑戦します。
第2部は御馴染みの初夏がリードするバンドサウンドでがっつりとやります。
計10曲以上、白色テロルの集大成とも呼ぶべきライブです。

これを機に一旦白色テロルとしての活動はピリオドです。
白色テロルは私の最も愛する場所であり、友達であり、仲間であり、拠り所でもあります。
口下手な私にとって、サウンドを介して直感的にメンバーと繋がれる心地よさや歯がゆさというのは
なんとも表現しきれない愛情にも似たものです。
バンマスのムッシュに音楽の深さを教えてもらい、新城と前ドラマーの山崎と女優だからこそ展開できる
物語性のあるライブをやろうと、台詞でも歌詞でもない散文的なテキストでオリジナルのライブ世界を開拓してきました。ギタリストの奥野とは下手な素人バンドやろうとスタートした時からの間柄で創立時から支えてもらいました。
新しく初夏をドラマーに迎え、音が洗練されたものになっていく過程は気持ちを新たにさせました。

私にとってはボーカルの高依がファムファタルで、彼女のために一つ作り上げたと思える作品世界と、
私の曲作りや演奏の限界と、そしてまた再びスタートすることで、メンバー全体に訪れる新たな展開を期待するものです。
3/28は是非、アムホールへお越しください。
※当日の詳細は随時、更新していきます。


●3/22(金)-24(日)
「眼帯のQ」@ 藝術中心◎カナリア条約(北加賀屋)

台本 三名刺繍×演出 佐藤香聲

performes 栃村結貴子(銀幕遊學◎レプリカント)、山田まさゆき(突劇金魚)、アフリカン寺越(劇団IQ2000)
、福田恵(劇団レトルト内閣)

「テーブルの上で、世界の最小単位で、レールは敷かれ、電車は走る。テーブルの上でどれだけ走っても、味噌汁からコロッケぐらいまでしかゆけない。私は今日、死亡した。」(「眼帯のQ」テキストより)

佐藤香聲さんは私の師匠にあたる人だ。色々とトラブルの多い方ではあるが、私は彼がいなければ、演劇の意味について、ただ日常を逃避し感情を吐露する場所ということ以上のものは見出していないように思う。ただお互いの客席を行き来するだけの小劇場、助成金のちらつき、収益やお金やマスの尊大な顔、人材不足、才能不足、時代的古さ、毎日のように行われ次第に視界が狭くなっていく稽古、そんな耳を塞ぎたくなる現実のしがらみから発想を逃れ、演劇が何にもかえられない藝術であり、そうあるべきであるという信念が、苦労を飛ばし、どこか心の奥底で自分を支え続けているのは彼のおかげと思っている。
佐藤さんが「全く自分の書きたいように書き、出来るだけ多くの人に迎合されないようなものこそ書いて欲しい」と言ってくれたので、執筆スランプの昨今、わりと労せず書いた。結果、私はこの台本がとても良く書けているようにも思っている。また佐藤さんがこの台本の一言一句を非常に尊重して演出してくれるのも、素直に嬉しく、また演出家として尊敬できる。

(レトルト内閣からは福田恵のみの出演になっています。)

タイトルは私と佐藤さんが寺山修司が好きという共通項により
「眼帯に死蝶かくして山河越ゆ」という修司の俳句から引用しています。
Qはまぁミステリアスで多重の意味を持たせております。






トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/622-f1528ca5

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

絶対に白色テロルさん行きたい。

  • 19/02/2013
  • みうら♪ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: タイトルなし

みうらさん

是非、いらしてください!お会いできるのを楽しみに。
あ、お大事に。

  • 20/02/2013
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。