刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月出演者オーディション

三名です。

レトルト内閣では、次回作品に出演してくれる俳優を探してオーディションを行うことになりました。
出演者オーディションは初めてのこと。ふるって応募してください。

http://www.retoruto.com/event/aud2012.html


オリンピックも終わり、ようやくお盆ですね。
私の草葉の影のおじいさまは、芸事が大好きで、手品を習いに洋行した上、好きがあまりに嵩じたようで、家族を残して親類縁者を頼って、東京に修行に行ってしまったということです。でも放蕩が過ぎて東京の親類に追い出されて戻ってきたそうです。芸事全般好きで、特に吉本の芸人なんかも大好きで、ミヤコ蝶々がよく遊びに来ていたという話を聞いて、本当かしら?と・・・。でも間違いなく、私には、このおじいさまの血が流れているのでしょうね。小さいころ、おじいさんの家に行くと、おじいさんの手の平で、1本のたばこが2本になり、トランプが色々な形に変わったりしたものです。


そんな私は、珍しく立て続けに3本も舞台を見ました。ひとつは福田が出演させていただいた中野劇団さんの「残念なこと」少年王者舘の「かさね」、そして元パパ・タラフマラ演出家、小池博史の「注文の多い料理店」。今日は中野劇団さんを観に行ったのですが、今回で2回目見て、パズルのように組み立てられて初めて笑える、構造的な面白さに、改めて感心しました。

少年王者舘がいつもより完成度低めで、密度もいまいち、得意の瞬間暗転も、何か歯切れが悪く、明かり漏れまである始末。台詞テンポのリズミカルさも弱い上に、いつもは完璧にマッピングされた映像をフル活用しているのに、今回はどうも使い方もいまひとつ印象に欠ける。天野天街にしては、ずいぶん手抜きのされた作品に感じました。まぁ、舞台は水物、今日は調子が悪かったのかもしれない・・・

やはり一番良かったのが、元パパ・タラフマラ演出家、小池博史の「注文の多い料理店」。音楽のセンスが素晴らしくて、溜息。音楽だけでなく、力強い身体表現、衣装や道具の印象的な使い方。媚びない美学のあり方が素敵すぎる。やはり解散しても、憧れの人は健在でした。




トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/584-cee93b3d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

良い出演者さんが出てきますように。

中野劇団さん観に行きました。
楽しかったです。
レトルト内閣、安定指向じゃない福田さんも良いですね。

  • 14/08/2012
  • みうら♪ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: タイトルなし

応援、ありがとうございます。
福田の目が異常に吊りあがるので、特別な眼筋が発達してるのではないか・・・
というようなことが妙に気になりました。

  • 14/08/2012
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。