刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリシャ・ブラウン

三名です。
前述の記事でオリンピックは今ひとつ興味がわかない・・といいながら、テレビをつけると画面に内村選手の顔がUP。そのまま超人的な演技に見入ってしまいました。金メダル、万歳。

珍しくブログを更新しつづけてるのは、今のオフシーズンに勉強しておこうということで・・雑記帳変わりにブログを書いているわけです。小さい台本を2本書いているのですが、行き詰ったら、文献を読んだり、映像見たりしています。結局のところ、小さな頭から出てくる独創というイメージより、過去から教わることの方が多いようです。

というわけで、今日はトリシャ・ブラウンについて映像を見返したり、テキストを読んだりしてました。トリシャ・ブラウンといえば、コンテンポラリーダンスに関わる人なら、知らない人はいない、というほどに有名。といってもコンテンポラリーダンスにも現代美術にも全くかかわりがなければ絶対知らない人ですね。

1960年から活動を開始し、建造物とコラボするような新しい発想の切り口、現代に通じるゆるめのムーブメント、野外へ飛び出していくハプニング作品、様々なアーティストとアートをクロスオーバーする作品を創り、コンテンポラリーダンス界を牽引してきました。

これは壁を渡っていくダンス!?


MOMAでの建造物を使った作品



過去のユニークな作品の映像は公式HPから


トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/582-c9604ba1

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。