刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜辺のアインシュタイン

オリンピックムード一色だ。柔道、重量上げ、アーチェリー、続々とメダルを獲得している。この間、福原愛選手に似ているねと言われた・・・。どう思いますか?え?どうでもいい話をすみません。

ところでオリンピックといえば、1948年のロサンゼルス・オリンピックに記念して、壮大な公演を計画した演出家がいる。世界で最も有名な演出家の一人、ロバート・ウィルソンだ。六年の準備期間、十二時間の上演時間、十三言語、日本を含む世界6カ国のカンパニー、劇作家・ハイナ・ミュラー、音楽家フィリップ・グラス、多彩な協力者を得たこの公演は・・・資金が足りず、上演にこぎつけられなかった。そのうちの一部の幕間劇だけが、世界各国で舞台化され、ウィルソンはヨーロッパにて高い評価を得ることになる。

ロバート・ウィルソンの作品は「イメージの演劇」と呼ばれる。解釈を拒むというより、立体化された絵を体感するのだ。彼の代表作は「浜辺のアインシュタイン」。この「浜辺のアインシュタイン」は音楽家フィリップ・グラスとの作品で、この作品は演劇の歴史を変えたとまで言われる。1976年、私がまだ生まれる前の作品なのだから・・参ってしまう。

かつて来日したこともあるらしいが、本物を見たことがない。最もわけのわからない戯曲と言われる「ハムレット・マシーン」の演出を映像で観た事があるが、(相当に貴重だったと思うが・・)訳が分からず寝てしまった・・もったいない。(緩慢な動きがロバート・ウィルソン演出の特徴)

これはロバート・ウィルソンを扱ったドキュメント映画の一部。監督はウィルソンの子。



演劇の歴史を変えたと言われる「浜辺のアインシュタイン」



シェイクスピアのソネット









トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/579-5a0d5ab3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。