刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LADY LUCK

昨日、スペイン強豪チームにみごと金星を飾った、日本男子サッカーチームが今日の五輪開会式に、弾みをつけてくれた。古代から続く、4年に一度のスポーツの祭典、選手たちの頭上に、レディラックがVサインで微笑んで欲しい。

ところで明日、一つの重要な試合が行われるらしい。それは我が古里、和歌山の母校、那賀高校にまつわる野球試合だ。那賀高校というのは、このブログを読む人の誰も知らない、家が近いということで、通った地域の一高校である。

だが私は、この那賀高校で、恩師に会い、大学進学を決め、演劇の道に進むきっかけにもなった。中学時代に学校が大嫌いで、家庭にトラブルも抱えていて、友達もあまりいなかった私は、「学校は灰色だ!」という歌を作曲して歌っていたが、この那賀高校にて恩師に会った時に一変して、自分に自信を持てるようになり、性格もぐっと明るくなった(断っておくが、これでも、明るくなかった方なのだ)

ところで那賀高校はもちろんどの日本のハイスクールに漏れず、野球部が存在した。申し訳程度のチアリーダーらしきものもいたが、あまり活用される現場に出逢わないため、臨時的だった。かっこいい野球部の先輩がいたりして、マネージャーを志願する女子がいて、そのあたりもお定まりだ。

ユニフォームを一人前に揃え、田舎だけに広さが自慢のグラウンドをあたふたと駆け回ってはいた。試合成績はぱっとせず、青春ごと空振り三振みたいなやけっぱち感で、時折響くカコーンという音が、空しさと力強さの両方を讃えて、青春を飾った。全ての人生は順当に一塁に行き、二塁に行き、三塁を通ってホームベースを踏むわけじゃない。ファールを盛大に打ち上げ、打った球は綺麗にキャッチされ、走ったけれども間に合わずアウト、それが世界の成り立ちだと思ったものだった。


那賀高校野球部はもちろん創部以来、甲子園に足を踏み入れることがないばかりか、いいところまでいくこともあったのか、なかったのか、とにかく甲子園とはまるで関係がなかった。野球部員たちの青春は、カキーンという音といくつかの恋と共に、消耗されるだけだった。

ところが、今日、その母校那賀高校についに時は訪れた。初めて県大会で4強に入り、ついに甲子園の地をかけて、あの甲子常連高校、智弁和歌山と対戦するのだ。智弁和歌山というのは、甲子園常連のみならず、毎年東大生を50人は合格させるという和歌山きっての高偏差値エリート高校である。那賀高校の人間は一人残らず智弁高校を知っているが、智弁の人間のほとんどは那賀高校の名を聞いたこともない。

ちなみに智弁和歌山の出身として、うちのインテリ女優、福田恵がいる。どーしても負けたくない、福田の母校とあってはさらに負けたくない。弱犬の遠吠えと思うなよ。西宮の土を踏むのは、我が那賀高校なのだ。オリンピックもいいけど、まずは高校野球だ!創部以来、貯金してきたOB・OGたちの青春の雪辱を明日、一気に取り返してやる!









トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/577-328e515b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

勝つんだ!那賀高校!!

  • 28/07/2012
  • みうら♪ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ありがとう!今、2-0で勝ってるようです。ここにも和歌山放送が放映されたならば・・・

  • 28/07/2012
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

みうらさん
負けました…。応援ありがとうございます。
来年から強豪チームとして、智弁を脅かしてやります!

  • 30/07/2012
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。