刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオス

風邪を引きました。先週半ばから寝込んでます。咳が止らずマイコプラズマ疑惑が・・・
咳き込む私に、重要な身体を持つ様々な人々が不審の目をプレゼント・・
わが祖国、せわしなけり・・ですね。(お前が気をつけろ・・・)

この一週間、イベントの台本を書くのと平行して、H・R・カオスの映像を見てました。
ずっと見てみたいと思っていて、ようやく入手して、10年も前の作品なのに、思ったとおり素晴らしくて凹みます。このほど打ちひしがれることが多いのですが、うちひしがれもせねば前へも進めぬし、かといって立ち上がる力も年を経るごと並大抵でないという感じです。

演出の大島さんが「私の表現したいのは、目に見える振り付けのフィギュア、ステップでなくて、モノの中で現れるエネルギーの方向性とか、透明のフィルムを重ねて、最後にどんなイメージが残るか、湧き上がらせるかが大切」と説明していて、まさしく共感できる言葉でした。何を表現したいか、一言で言えなければいけないという人がいますが、政治家のマニュフェストでもあるまいし、層のように絵や音や光を重ねていき、相反の中で多面体を紡ぎ上げる舞台において、そんなことはナンセンスですね。





これは関係ないけどカオスつながりで…ダヴィアーニ兄弟の中でも屈指の名作
カオス・シチリア物語
このシュールさに惚れる。

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/570-a98139f4

この記事へのトラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
  • 05/07/2012
  • From :

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。