刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察ジブリ

三名です。週末ライブ、5月頭に文化祭、合間を縫って本公演とバタバタしてます。でも隙を見て、楽しみにしていた、クラークのライブに行っちゃいました。あまりにはしゃぎまわったため、途中でひどい足の痛みが。帰ると指から血が!負傷!でもクラークの、重厚な、インダストリアルな、クラブ音楽は圧巻でした!その前に出たOORUTAICHIさんも、ガンガン声を歪ませて歌う、パフォーマンスに、宇宙サウンド、祭囃子、騒音、いろいろなサンプルを重ねたクラブ音楽が楽しかった。

ところで週末のテロルライブは、ブラックジブリ社によって闇運営される運びになりました。え・・なんのこと?・・それはまぁ来ての楽しみに。

宮崎アニメについてですが、演劇をやっていると必ずジブリ好きと思われます。このレッテルが嫌で、特に好きではないというポジションを、常時確保していた私です。天邪鬼です。しかしここに来て、ジブリとはなんぞや、ということを、はたと考える時がやってきたわけです。

ところで私が考える、ジブリの特徴は以下です。
・「風」
宮崎アニメの一番の特徴は、風です。微風、強風、旋風。風にふくらむスカート、風に煽られる飛行船、頬を膨らまして吸い込む風。風はもたらして、突き動かして、奪い去っていくのです。風が通った後は、もはやもとの自分ではないのです。
・「浪漫」
浪漫というのは、男性だけの特権です。少年の憧憬と、頑固なこころ、向こう見ずな冒険心を混ぜ合わせた、女には理解できない、気持ちです。女は男の背中に、浪漫の存在を知るのです。孤独として。だけど宮崎アニメの浪漫は、女の子にも、共感出来る浪漫です。少女時代に持っていた好奇と、ドキドキが、混ざっているのです。だからジブリは特別なのです。
・「決意」
宮崎アニメの主人公たちは時々唇を固く結んで目を見開いてます。うつむいていたり、空を見てたり、まっすぐ前を見てたりします。そんな時折の無表情にドキっとします。その時、その目に映るのが自分であるような気がするんです。その時は浄瑠璃や能面みたいに自分が仮託されてしまうのです。そこに日本の感覚があるんです。

まぁ、上記の説明はライブのなんの参考にもなりません。
しまった!読んでしまった!という方、時間の無駄ついでに、白色テロルライブに遊びに来ると、なおよいでしょう。無駄を言い換えるなれば、人生における余白の趣、ですとも。

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/558-e814c576

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ハウルの人だったのですね。

  • 30/04/2012
  • みうら♪ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Re: タイトルなし

ピンポンです!お粗末ながら、ハウルのソフィーをやりました。
あてて下さりありがとうございます。

  • 01/05/2012
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。