刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリム2008 初通し

「グリム2008」、初通しがなんとか通った。期待よりも完成度低く、シビアなきっかけが多いだけに、楽譜とつき合せてやきもきしながら殆ど本から顔を離せない状態が続いた。ランタイム長くない作品ではあるが、ある意味限界の時間である。


昨日は音響のshinomyと舞台監督の奥田さんが来てくれたので、ようやくもって具現化できそうな心強さである。shinomyとはもう数年来の付き合いで、作品を理解してシビアかつ柔軟なアドバイスをくれる。こちらの要求も年々増す一方、彼も年々、腕をあげ応えてくれる。なんといっても作品を好んでくれることがプラスの方向へ向わせる上でよい役割を果たしているのだと思われるl。音ありきの作品世界に傾いている昨今、彼なしでは作品を作りえない。今回も楽曲自体のアドバイスにはじまり、音を構築する様々な側面から身体、演技に及ぶまで問題点を提示してくれた。


彼の与えてくれた課題を解消すべく朝から曲を再構築する。通しと思うと緊張が走り朝から身体を固くして作業していたらしく変に全身が痛い。ギリギリまで作業し、万全の準備のはずが要の曲のテンポを間違って録音してしまいがっくり・・・。


メンバーにも緊張が見え、台本をギリギリまでチェックしている。今回も赤頭巾と白雪役の藤と松本が八面六臂に活躍して、裏方から新人教育からこなす傍ら、客演さんの対応からこなす上、俳優としても大きな存在感で、安定した演技をみせ、きっかけも間違いなく押え、舞台をリードしてくれる。そのうち私のやることなどまるでなくなりそうな勢いだ。


というわけで照明、映像、バンドメンバーも揃い、波乱の中での通しとなった。お蔭さまで今日は胃が若干痛い。

朝からノイローゼになりそうな音地獄だったので、ただただ静かにじっとしていたい。

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/55-87b03fab

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。