刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪失と獲得と

松本のお別れ会も終わり、もう一人前回「猿とドレス」で初舞台だった上田も劇団を退団することになりました。
長く続けていると・・(長く続けているなという感覚はなかったのですが)失うものが多くなって徐々に心細くなるようです。

先日、4年ぶりの新作という師匠の舞台を観にいった時、再び舞台に求めていたものが何だったか思い出しました。
探しているものがすでに形としてあるという感動と失望感は他のどんな舞台にも見出せないものです。作品はセクシャリティや攻撃性を失っていましたが、変わりに普遍的な静けさがあり、4年という歳月の移ろいを感じました。閉塞・打破・疾走・破壊・墜落・浮遊・・そんなコトバが浮かんでは消える舞台。ちなみに新しく飼っていた犬の名前は近松、作品の振りにも浄瑠璃の仕草もありました。久々に舞台を観てこみ上げるものがありました。

最近、鈴木忠志を観ています。5年前ぐらいに東京でリア王を見たときは、すごいものが展開されていることは解っても同時に形式的で退屈というジレンマでしたが、改めて見直すと本当に面白い。けれども本当に髄から面白いのかどうかと聞かれると面白くないかもしれない、やっぱり突き詰めると解らないのです。それに面白いなんてとってもいい加減なコトバ・・。だいたいTVでサスペンスドラマを見て面白いけれど、本当に髄から面白いのかと聞かれると面白くない。面白いのいい加減なところから本質的なところまで含む領域は多すぎて、随分と曖昧なコトバです。だけど私は今、鈴木忠志に吸い込む何かを予感しているのかもしれません。

お別れ会で若手の人たちが元気でした。
上田は料理の腕を磨いて、店長になると言っていて
尾崎は2代目松本茜争奪戦ゲームで「猿とドレス」の長台詞をよどみなく読みあげ
初夏はルコックシステムを勉強したいと言っていたし、(勉強不足で全然知らないけど確かフランスのマイムか何かのメソッド)私は私で失う運動だけでなく、獲得するサイクルに入らないといずれ負けてしまうのだと強く感じます。







トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/549-d7bb252d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。