刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もういくつ寝ると

テレビを買いました。32型で、キラッとして、シュッとしてます。まるで風を切ってグラウンドを走る澤選手のようなイカしたテレビです。アナログ放送が突然お亡くなりになり、地上デルタル放送がちっとも訪れてくれなかった
我が家ではテレビはひたすら可愛そうな箱でした。自慢じゃないけど、テレビをあまり点けない私は、自分で
テレビを買ったことがなく、いつも哀れみ深い人々からのお下がりを頂戴して暮らしていました。名づけて感謝の玉手箱…。

しかし思い出深い箱といえ、このまま電波から隔離された隠遁生活、これ如何に?
室町時代に書された世阿弥の「風姿花伝」ですら「ただ時に用ゆるをもて花と知るべし」
(大衆嗜好、土地土地の要求を知りて芸を用いなさい)と記してあるのだから、平成に演劇を齧るわたくしが
「人呼んで嵐ってとあれざんすよね。雨風肌刺し、獣が喚く、恋と復讐が芽生えるってぇ気候現象のあれでございましょ!?」なんて言っていてはいけない。あの皆国民的愛Dollの星を背負って軽やかに踊るアラシをまっさきに思い浮かべばならないのだ!

休日のヨドバシカメラにはテレビの大小がチカチカ、ヨドバシの歌を熱唱できるぐらいうろうろとテレビ売り場を放浪したわたし。時はすでにブルーレイに移行し、DVDも過去のもの。次に行くと「デジタルだ象」なんてペット生命体や、見たものを記憶する「HでDD眼鏡」なんてのもあるかもしれない。

茶を飲みながら、じりじりとテレビの配達を待つわたくしです。もういくつ寝るとテレビッツ子♪


トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/535-a7be8abd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。