刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難破

快挙!?今月に入って2回もナンパされた。

1回目は帰り道で、「電車の中から見て、好みの人だったから、つい追いかけてきたんだけど・・・」。と言われた。まさか、私がコンビにでポテトチップスの関西だししょうゆかのり塩かどちらを買おうかうんうん迷いコンビニをぐるぐるしていたところもつけてきたのだろうか・・・いろんな意味ではやく声をかけて欲しかった。
「怖がらせたらごめん、普通のサラリーマンなんだ」といわれて、渡されたメモ。
連絡先のアドレスには death の単語が・・・・
多分、普通のサラリーマンはアドレスに death の単語は含めない。
怖かった・・・あの人・・サラリーマンじゃなくて、死神やったのだと思う・・・

2回目は本屋でナンパされた。「綺麗な人だと思って、後ろから見てたんですけど」と言われた。

ちなみに私はその日、「悲劇・喜劇」の雑誌を手にとり平田オリザの「ソウル市民」を流し読みしていたら、平田オリザの戯曲に「うん」という相槌が異様に多いということが気になり、つい「うん」だけを拾い読みして30個目を数えたところで意味がないことに気づきコーナーを移動した。

そのあと橋本徹について特集されたコーナーに行き、ぽつぽつ拾い読みしたが、匙を投げ、結局賛否のどちらの本の出版が多いかを数えて満足したあとさらにコーナーを移動し、

ミステリー小説の特集コーナーをまわり、ちくま文庫のコーナーに行き、角川の海外小説コーナーをまわり、カズオイシグロの本の購入を検討し、チャンドラーの本を購入しようと思いどれがいいかずっと迷っていたところだった。一体彼がいつから付けていたのか、多分私が殺し屋にマークされている特殊任務を持った海外スパイだったらとっくに命を落とすか職を失ってるだろう。

彼は「最近引っ越してきて」という出だしから始まり、私が道でも聞かれるのかと思っていたら「お茶をしよう」と誘われた。私がひるんで、「ごめんなさい」と言うと、か細く「あ!」と叫んで傷ついた小鳥みたいに去ってしまった。私はすばやく消えてゆく彼の背中を見ながら、別に時間はあったのだから、喫茶店で紅茶をすすりながら、彼のちょっと専門的で、要領の得ない話(推測)を聴いてももよかったのだ・・という後悔に苛まれた。もしかしたらポアンカレに生涯取り組むと決めている数学の教授助手かもしれない。ソーラー自動車を開発しているトヨタの技術者という可能性もあったのだ!

理想的なナンパ!!
「チャンドラー好きなんですか?春樹訳ならこっちの方がお勧めですよ。ところでこれをボクに買わせてもらえませんか?その代わりといってはなんですが、そこらへんで一杯だけ飲みながらチャンドラーについて話しをしません?怪しいものじゃないんで」(名詞を出す)みたいなのが良かった。

まぁ、でも私も逆の立場だったら後ろからじーと見ているだけで、同じ空気を吸えて嬉しいみたいな感じで声すらかけないだろう。結局、怪しげな人に昔から好まれる。

かくして月に2回ナンパされるという記録が打ち立てられた!!今月はもう数えるほどだけれども、もう一回あるといいな。チャンドラーなんか買わずに、ラメ入りのチークでも買った方が良かったかもしれない!




トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/523-e06b4e35

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。