刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋 不覚

満月を とってくれろと 泣く子かな 一茶

林檎樹下  病める林檎の 集められ 誓子

秋深し 隣は何を する人ぞ    芭蕉

寒くなってきました。季語を入れて5.7.5で語れることっていいですね。ワタシなんか「愚か者」の一言で語れますけれども。


友人に誘われて三谷の「素敵な金縛り」を観にいきました。

超豪華キャストでとにかくスペシャルなため、端役なのに大物俳優なので、ひたすらクローズアップされ印象的な見せ場が持たせられるという無茶苦茶で、豪華キャストに比べ、その他のロケ地などの節約っぷりといったらなかったです。ドラマでもまだお金がかかってるんじゃなかろうか。

俳優といえば三谷映画なのに西村雅彦が出てなくてさびしかったです。とりわけ唐沢寿明が医師役で出ていまして、渋い演技で「ご臨終です」という一言に「白い巨塔」の財前五郎のめくるめく苦悩が頭をかけめぐり涙しました。深津絵里も髪を下ろしていて本当はおでこを見せている方が好きだけれども、衣装も似合っていて、演技も自然で可愛い。人形美の深田恭子や綺麗過ぎる竹内裕子、草薙剛 ・中井貴一、佐藤浩市、生瀬勝久、梶原 善、篠原涼子と演技派俳優のスターパレード。これだけ揃うと、もうストーリーもカメラワークもどうでもよくなって楽しめました。でもやっぱり三谷は舞台の方が面白いな。

関係ないけど綺麗な動画を見つけた






 

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/518-a85a84ca

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。