刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨音サラウンド

ふと思ったのですが、雨音っていったって降る音なんかするはずないのですね。

全部どこかに跳ね返る音だから、当たる物体によって音が一つずつ種類が違うのだと気づきました。雨どいをつたってこぼれる、ボトボト。軒から水滴の垂れるポタン、ポン。アスファルトに無数に打つパラパタ、車が通り車輪が水溜り弾いてをスワワワー。瓦屋根に、コンクリート屋根に、モルタル壁に、電線にたまって滑って落ちて。雨音は無数です。

過日、高依の舞台を観にいった帰りにパタンナーのありすさんに出会って、少しお話を聞かせてもらえました。ありすさんは黒い布を複雑に体に切ったり巻いたりしている服を着ていて、地面すれすれ引きずりそうになる裾をパサパサやりながら歩いていたので、不思議の国の住人と歩いているような気分になりました。私も頭だけは不思議の国の住人で四季問わずボケの花が咲いているのですがねぇ。

↓可愛い~。買い物にいくと女の子は全ての賛辞の言葉をひとつにくくってこう言います。フェミニンもマニッシュもシックもエレガントも。でも私は、うっとり可愛いっていう言葉はこのデザイナーに差し上げたいですよ。

KEITA MARUYAMA

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/483-2eb51293

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

超有名デザイナーさんの多くは
否定されるとこからスタートしてるはずですよ。
ココ・シャネルなんかはその代表的な人ですし、
ジャンポール・ゴルチエなんかは売れない画家でした。
死んでから評価される画家と似てるとこがあるのかもしれません。

  • 26/05/2011
  • ありす ♦-
  • URL
  • 編集 ]

謎かけのようなお言葉ありがとうございます・・・。ゴルチエは画家だったのですか!?今、ソニア・リキエルの「祝祭」という本を読んでいます。はじまりはコクトーの言葉です。「モードは夭折する。モードの軽やかさは、ゆえにかくも重い」そして次ページの1行目はこうです。「全てはひだ(プリーツ)の中で演じられる」。ふう・・全然分かりません(涙)

  • 03/06/2011
  • shisyw ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。