刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

智恵子抄


狂った智恵子は口をきかない


ただ尾長や千鳥と相圖する


防風林の丘つづき


いちめんの松の花粉は黄いろく流れ


五月晴れの九十九里の濱はけむる


智恵子の浴衣に松がかくれ又あらわれ


白い砂には松露がある


わたしは松露をひろいながら


ゆっくり智恵子のあとをおふ


尾長や千鳥が智恵子の友だち


もう人間であることをやめた智恵子に


恐ろしくきれいな朝の天空は絶好の遊歩場


智恵子飛ぶ

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/43-a4a85b05

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。