刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京大芸人 たましひ

なんかもう連日、舞台を見すぎて、意味が分からなくなってきた三名です。

小劇場界はかたつむりとデンデンムシとエスカルゴぐらいの違いしかないと思っていたら、ぞうさんのあくびぐらい大きな間違いです・・・。

もう音というジャンルに分けるならば美空ひばりと、秋の鈴虫の声と、ヤカンの沸騰音ぐらい違います。もはや比較などなんの意味もなくなってくるので、村上隆もびっくりの、何を主軸に見ればいいのか混沌です。

最近、本屋に行くと「ニュートン」とか、「宗教」とか「家庭の園芸」とか意味の分からない本を読みます。意味の分からない世界に対抗、もしくは突入するには自分も意味が分からなくなるしかありません!

何の話かというと、テロルのドラム娘、ヤマサキエリカが一人芝居をやっているのですが、なんと30分舞台上で走り続けてで台詞をよんでるのです!話は茶の間のホフマンみたいな面白さですが・・・・前衛か、茶番か、文学か、アートか、スポーツか、余興か、アジテートかなんなんだか分かりません!一番近いのはメロスです!ちなみにその前のフランスパンの俳優さんの舞台も完全なるエクスクラメーションでした。放送禁止用語連発?そのうちAVを健康に観劇する時代も近いかと思いました・・・。乱交パーティーを生々しく描き吐き気と共に劇場を出た「愛の渦」が岸田戯曲賞に輝いたときは驚き桃の木でしたが・・・寺山修司が生きていたら喜んだでしょうか・・・


人当たりのよいミナは「面白かったですよ」とか愛想ふりかけを振りまいてきましたが・・・・「そろそろ世紀末ですね、パラレル、パラレル、オカルト、クワバラ、えへっ」と挨拶したかったぐらいです。


興味ある方はみに行ってみてください。損ではないと思います。いや、むしろ地団太の踏み甲斐もありそうです。楽屋に行くとドラム娘、ヤマサキは青白く瀕死してました・・・。

http://itheatre.blog62.fc2.com/blog-entry-368.html

もうひとつ、FFフィーバーコンビ、安定志向、週末に第3回戦です。ミナが勝利を祈ると呪いに変わるので・・・ここはひつと、皆さん、応援してやってください。


http://kyobe.blog.eonet.jp/moontable/2009/11/12-010d.html

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/385-6a344146

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。