刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご来場ありがとうございました

多くのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました。
アンケートで貴重なご意見や、励ましなどご協力いただきましてありがとうございました。


応援、お手伝いいただきました方々にもこの場を借りて御礼申し上げます。
また、ご意見、ご感想などございましたら、劇団の方にお寄せくださいませ。




★★★★★★劇団レトルト内閣第14回公演【グリム2008】★★★★★★
●2008年8月21日~24日 芸術創造館マンスリーシアター(大阪市主催)
●本日特設サイトにてチケット予約受付開始
●グリム2008特設サイト公開中
http://www.retoruto.com/grimm2008/
●劇団レトルト内閣オフィシャルサイト
http://www.retoruto.com/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本能を呼び覚ます、08版グリム童話】
耽美でありながらロックな世界観で人気急上昇中の劇団レトルト内閣。2008年の最新作は、背筋も冷たくなる怪談童話、もしくは踊りたくなるトランス舞台を芸術創造館に登場させる。
今作の題材はグリム童話より「赤ずきん」と「白雪姫」。この愛らしい物語がクラブサウンドビートを注入され、人間の本能を呼び覚ます作品へと変化する。高い音楽性に加え、全楽曲生演奏のビートに心躍らせて、演劇の 新しい可能性「ライブ演劇」を肌で感じてみませんか?

~グリム童話~
聖書に次ぐ世界的ベストセラー、グリム童話には人間の本能的な世界が渦巻いている。
殺人(murder)、死体切断(cutting-body)、人食い(cannibalism)、復讐(vengeance)、・・・
グロテスクな内容にも関わらず、我々はグリム童話を読み、さほどの残酷性を感じることはない。なぜならそれは我々人間にとっての宿命であり、人智であり、他を食しながら生きる動物の通過する自然の摂理だからである


~クラブパーティ~
では現代においてグリム童話的混沌世界、つまり人間の本能的な行動はどこに現れているのだろう?その謎を解くために、劇団レトルト内閣は2008年版グリム童話をクラブ・パーティーとして提示することにした。喜怒哀楽を失っていく現代社会の中で、我々はクラブ・パーティーのビートに心臓音を発見し、感覚を呼び覚まし、再び本能を呼び覚ますことができるかもしれない。

~新感覚ライブ演劇~
全楽曲をロックバンドの生演奏で構成。
ドラム、ベース、キーボード、バイオリン、フルート、ボーカルが奏でるクラブサウンドビートに乗せて、赤頭巾が踊り、狼が吠え、白雪姫が歌う。俳優が物語を奏で、ダンサーがビートを刻む。
「新感覚ライブ演劇」、それは劇団レトルト内閣が提唱する、芝居・ダンス・音楽が渾然一体となった新しい演劇のカタチ。

■日時
2008年8月21日~24日
21(木)19:30
22(金)19:30
23(土)15:00/19:00
24(日)13:00/16:00
開場は開演の30分前

■料金
前売り2300円 当日2800円 日時指定・全席自由

■チケット取り扱い
・チケットぴあ(ファミリーマート/サークルK・サンクスでも購入可)
0570-02-9999(Pコード:386-932) 0570-02-9988(オペレーター対応)

・劇団ホームページ予約(チケットはご来場当日受付にてご用意いたします)
http://www.retoruto.com/grimm2008/

・劇団E-MAIL予約(チケットはご来場当日受付にてご用意いたします)
お名前・メールアドレス・ご来場日時・枚数をmail@retoruto.comまでお送り下さい。

・芸術創造館1階受付にて販売

・電話予約(チケットはご来場当日受付にてご用意いたします)
090-8466-5400(劇団)
06-6955-1066(芸術創造館)

■会場
大阪市立芸術創造館
http://www.artcomplex.net/art-space/

■脚本/演出/音楽
三名刺繍

■出演
松本茜 藤京子 睡蓮 よしもとともしよ こみたお 川内信弥
二ノ宮修生(グループ・イカロス) 那伽けん 山本和也(劇団必志組) 福田恵(Giant Grammy) 小谷麻優子 鈴坂昌子(XO-T) 三島優子(XO-T) 高橋洋介 小早川礼奈

■バンド演奏/白色テロル【ムッシュ・むらいは ヤマサキエリカ 三名刺繍】

■コーラス/川崎真利

■スタッフ
照明/奥野淳也 音響/Motoki Shinomy 舞台監督/奥田宏人 メイク/澤井由江
映像/萱野博司 舞台撮影/エジマタケシ 受付/安田小梨江 美術監督/川内信弥

主催/大阪市
協賛/大阪商工会議所「大阪ナイトカルチャー」事業
企画製作/劇団レトルト内閣

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/38-c7321bec

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。