刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの人生の犯罪の数は?

悪運上昇中!人生もブログも怠け気味、三名です。

数年前、付き合っていた(と勝手に思っていた)方にお別れを告げたところ
e・・・(俺たち付き合ってたっけ?)
みたいな反応をされ、豆腐の角に頭打って流血沙汰になったことがあります。

はい。何事も思い込むのはよくないですね。
最近では色々悟りを開いた挙句、「なるようになってる概論」「まぁ、いいか総論」・・などをまとめ
最近では一風物珍しさが売りの女に成長しているような・・・誰かとめて・・

時を経ると、ベルリンの壁のごとく立っておられた「モラル」など、その崩壊のごとく、今は道端の蟻ん子程度の趣ですね。
友人が不倫に憂き身を窶そうが、若干の法律違反に手を染めようが、台本のネタとして扇子をパタパタしちゃう勢いです。
でも気になる男性や女性に電話するのは1時間ぐらい悶悶としたあげく、明日にするという可愛い行動をとります・・・。
(ええ、可愛いと思っているのは自分です。・・・思うのは自由)

他人には愚鈍なれど、自分のことには繊細すぎる三名とよく似た想定読者の皆様のために
「いい加減」を「良い加減」にまで高めようという人生の交通安全運動運動実施中。
突如、予想外の対向車に不意打ちをクラって、とうふの角に頭をぶつけぬよう注意を促しています。

皆さん、たとえ好奇心にかられたとしても、人生の黄色点滅交差点を渡るのはやめましょう!
また左右はよく確認しましょう。

こんにちは。時々轢かれて、鼻血を出している三名です。
面白ブログ好評中。
ただでさえ、才能に溢れるところを、面白ブログを書く才能まであるなんて!
これで人生を見通す才能でもあったら、こんな風ではなかったろう!

そんな疑わしい人生を生きるあなたに素敵なご本を紹介します

アガサクリスティーといえば推理小説ですが、これはちょっと趣が違います。
しかし、こういうのこそ推理小説といえるかもしれませんね

汽車に閉じ込められたご婦人がもてあまされた時間の中で,日常の出来事を色々推理していくわけです
[そういえば家に帰った時、娘は変な顔をしていたわ}・・・とか
(なぜ旦那はあの時、あんなことを言ったりしたのかしら?)・・とか
(そういえばあの奥さんと旦那はあんなに離れて二人で会話もなくベンチに座っていたりしたのかしら)
そうして自分がしてきた罪の数に気付きはじめるのです
それは怖い話ですよ・・・
でも最も怖いのはそのラスト・・・・それは読んでみてください。高校時代の愛読書です。

春にして君を離れ (クリスティー文庫)春にして君を離れ (クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る




トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/323-5cc465b5

この記事へのトラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
  • 10/04/2009
  • From :

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。