刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態から文学へ、谷崎潤一郎。

いると信じる(想定)読者の皆様こんにちは。
カラダも売れ残り、心も売れず、仕方ないから媚ばっかり売ってるミナです。
1個100円!

媚を売っても帰ってこないこと数日。
メールの返事を返さない輩に対する執念だけですくすく育ってます。
(気持ちが小さく、卑屈かもしれない・・・。)
昔から大好きな言葉「復讐・・・」

それにしても、血で血を洗う戯曲っていいですね。
サディスティック戯曲の中でも今日紹介するのは、まさに耽美!!そのもの谷崎潤一郎。

ただの変態から文学へ至らしめた(あ、すみません・・・どの口が!)
カラダは醜くとも(いくら美食家といえ、巨匠、あなた自身がまるまると美味しそう・・・)
文体、これ珠玉。

谷崎潤一郎先生の 「恐怖時代」

時は江戸、所は春藤家の広大な屋敷。

その太守の妾に納まったのは、元は卑しき筋ながら
手練手管で身請けされた、妖艶の美女、お銀の方。

その美貌で、男も女も騙し抜き、姦計で、お産を控えた正妻の奥方を毒殺し、我が息子を跡取りにせしめようという、どこかで聞いたような話。

家老靱負となさぬ仲になった妾のお銀の方は女中の梅野共々、三人で奥方殺害を計画。
医者玄沢に色目を使い嘘八百で誑かして毒薬三服入手。後、一服でまずは玄沢を毒殺!

三人は奥方に毒を盛る役としてお茶坊主の珍斎を選ぶ。
女中梅野は臆病者の珍斎の娘、お由良を殺して!珍斎を脅迫する。

さらに女中梅野は自らの恋人伊織之介と図って、太守の忠臣二人を殺害!

ところが実はその伊織之介の本当の恋仲はお銀の方というびっくりな落ち。

女中梅野は口封じに伊織之介に殺害!

自らお銀の方と恋仲と思っていた家老靱負は、この事実を知って驚愕。さらに伊織之介は靱負をも殺す!血みどろ惨劇。

最後は姦計が太守にバレて、仕方なく伊織之介とお銀の方は互いの腹を刺す!

マクベス夫人も真っ青の性悪女、「お銀の方」。

谷崎戯曲ははもう情とか徳とかは全くない。変態も極まれば美醜の逆転。まさに美に額ずく戯曲!!
ここまでやればあっぱれでござります。
やりたい。谷崎潤一郎!是非舞台でやりたい!先ず女優を育てなきゃ!

「恐怖時代」より
お銀の方 (冷ややかににっこりする)
       欺されたのを今ごろ知ったとて遅いぞえ。もう大人しく観念しや。
玄沢    ひ、ひとごろしい・・・
お銀の方 (静かに帯びの中から懐紙を取り出して玄沢の口を塞ぐ)



潤一郎ラビリンス〈16〉戯曲傑作集 (中公文庫)潤一郎ラビリンス〈16〉戯曲傑作集 (中公文庫)
(1999/08)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/314-2a2d80e7

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。