刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しのDior

劇団の練習で如月小春の「ANOTHER」に取り組んだ。如月小春は好きな作家なので、彼女の作品を芯から理解したいという気持ちがある。

久々にセリフ中心の演劇に取り組むこともあって、前回公演も指導していただいた二宮さんに、特にボイスを軸とする演技を見てもらえるようにお願いした。うちの劇団の特に女優陣は声の密度が少なく、か細い声なのでそこを気をつけて訓練するようにと教えていただいた。セリフ劇の俳優は何より1に声、2に声なので本公演までに強化したいところだ。

私はといえばつい存在感のある肉体とか、透明度や空気感、音のリズといった応用編が気になるのでいけない。

話は変わるが、以前からファッションショーが好きだ。演出の参考にするのは映画、舞台、絵画などだけれどもひそかにファッションショーも盗む。雑誌をパラパラ見ているだけで、ワクワクしてくる。エジンバラ演劇祭よりもパリコレに行ってみたいかもしれない。生まれ変わってなりたい職業はデザイナー。人からなぜファッションショーが好きかと聞かれるが、ファッションショーはとても演劇に似ている。幻想と夢と創造の世界、そして才能が集まる世界。とりわけ演劇的な香りがするのは、ゴルチエとCD。素敵すぎるでしょう、ジョン・ガリアーノ。




トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/306-ea8a5264

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。