刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイル

野田MAP 第9回公演

「石油を愛すと書いて自由と読んでいます」

 敗戦、日米関係、原発問題、イラク戦争、イスラム問題、石油問題、テロリズム、復讐、民族意識・・・際限ない問題意識できわどいところまで切っていく訴えの強い作品。舞台を島根にして、出雲神話を「国盗り者語り」と読み解き、現代の問題をはめ込んでいく構造。野田秀樹お得意の言葉遊びもふんだんに使用され、作り手側の意図しないところまでを観客の想像力が膨らみ、また観客の理解できないところまで作り手側の意図が広がっているように感じられる。野田秀樹の戯曲はその意味で戯曲として最高の形だと思う。





トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/301-7cc22b4c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。