刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧帝国ホテル

フランク・ライド・ロイドは近代建築の先駆けとなり、世界で最も有名なアメリカ建築家の一人である。


彼の日本での代表作。「帝国ホテル」は現在愛知県犬山市にある明治村に寄贈されている。



                 


ガラス飾りやランプに取り入れられた銅細工の幾何学文様は木漏れ日を表現したような見事な光をあちこちに落としている。マヤ遺跡に影響をうけたという彼の設計は古代アステカの香り、またギリシャ建築、東南アジアのボルブデュールを思い起こさせるが同時にモダン建築の先駆けでもある。計算された人工的美しさの中に計算出来ない神秘性と自然への多大な賛美が封じ込まれている。彼の複雑な建築はまるで森の中にでもいるような錯覚に陥る、味わいを持つ大谷石で作られた柱の陰影にまでこだわり、幾何学的レリーフがあり、樹皮や彫像を思い起こさせる。


?


ロイドの意匠は机や椅子などの丁度にまで行き届き、建築物と何ともいえない調和を生み出している。まさしく感動を呼び覚ます偉大な建築美術の一つ である。

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/226-f04ea05d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。