刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスキモー

エスキモーがやってきました

ひとり ふたり さんにん よん・・・


そうして彼らは氷の上に横たわる私を見て首をかしげました

彼らのうちの一人は、その時、自分の服に出来た破れ目をみつけました。そうして中から顔を出す真綿をツツーとひっぱりだしたのです。


彼らのうち一人はそれをゴミ箱とでも思ったのか、私の口に真綿を詰めました。そうすると他のエスキモーもおのおの真綿を引っ張り出し私の口に溢れかえらんばかりに詰めたのです。


そうして目をふさぎ、耳をふさぎ、鼻もふさいで、テレビに、洗面所に、洋服ダンスの中に、詰め込まれた真綿。


そうしてその真綿にはほどよい水分が加わりより内部へ内部へと食い込んでゆくのです。

そして私は無呼吸症になり心地よいオホーツクの海を漂ったのです。



トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/225-d7391188

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。