刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~戯れのための曲~『桃太郎礼賛~完全懲悪~ 』



シーン1 鬼が島へ向う小船の上での一行。
桃太郎の顔の半分は傷がある。熟れたイチジクの断面をボンドで貼り付けたようになっている。この傷は若い頃傷心旅行をした際にアンデス山脈の上で剥げたかの群れに襲われたからだとか、彼は若い頃中華の料理人であり、広東の料理屋で修行していた際、豚のポロポロ炒めレタス包みが上手く作れず、しかも間が悪いことにその激怒した師匠のキムに猫の目玉のように黒光りする巨大なお玉で殴りつけらうえ、巨大なヒキガエルの舌のごとくあたりを嘗め回すコンロの炎に豚肉を押し付けるかのように押し付けられたという説もあり、生まれながらだという話もあるが、いずれにせよ彼のその部分はそういった経験を十分に信じさせる凄みがあったため、誰も問いただそうなどとはしなかった。

キジは娑婆に出たばかりの老女である。夫殺しの罪で無期懲役をくらい彼女の言うところの地球の割れ目にほおりこまれたが、看守の娘にレース編みのピアノかけを作って模範囚とされ、去年釈放された。

 猿は死に装束をつけている、なんでも昔愛した女が鬼であったため、鬼が島へ同行するとのうわさだったが、彼はその女を殺しにいくのか、連れ戻しに行くのか、自分も鬼になってその女と添い遂げるのか、彼は芸能人のはしくれだったため、それに関するスケジュールをマネージャーが質問したが、一瞬黙って茶を啜っただけだったということだ。

 犬は忠犬である。彼は眼帯を撒いている。鬼ごっこの鬼となって敵を欺くためだ。鬼との精神的同一化を図るためわざわざつけたのだとも言われている。敵の心理を知るには敵と同一になることから始めねばならぬという彼の説によるところのものだ。警視庁第一課の敏腕刑事であるところの彼は鬼警部とめの異名をとる。この間も逃げる犯人の脳天に一発くらわせて半死半生の目にあわせたため、上の方から睨まれており、彼は眼帯に隠れた目玉でそいつらを睨みかえしている。好物はアンパンである。


シーン2 
鬼が島はバベルの塔に似ている。ボッシュの絵画のような趣をたたえ、崩壊を孕んでいる。常にシュッ・シュッっという音がどこからともなく、どこからともなく漏れている。行きかう半裸の鬼達は絶え間ない悪の労働に従事している。鎌を持ち、鍋を煮えたぎらせ、臓器を首に巻きつけて神妙な面持ちで真面目に働く。鬼が島で一番の大企業である鬼が島社の専務が監視にやってきてその様子を見ながら閻魔帳をつけいる。専務はふと海に目を馳せたところどんぶらとやってくる一行を海の点として認識する。巨大な望遠鏡を持ってくるくるよう部下にいいつける専務。


シーン3
上陸する一行。一行は逮捕状を携えている。出迎えに来た鬼達のうち数人が細かいはりのようなものを投げつけ、その血液をプレパラートに載せて顕微鏡で分析し、悪の濃度を測る。


シーン4
桃太郎は鬼が島の少年に魅入られる。魅入られたら最後、きっと殺すか殺されてしまう。鬼警部であるところの犬はそうして殺された。犬畜生の死など誰も悼まなかった。生類憐みの令はその頃は出されていなかった。法により価値を付与されない生き物の死には名前がない。お犬様と呼ばれる時代は過ぎたのだ。


シーン5
キジは鬼が島へ到達してから数日後おいおい泣き出した。鬼に神を見出したと彼女は言い。そうして自らに神を見出したと言った。詳しいことは誰も聞かなかったが、彼女のとった行動の最も明快なものは裏切りであった。キジは神がかり的というか悪魔がかった踊りを鬼が島城の天辺で神というか悪魔というか彼女の信じるものに捧げて天守閣のてっぺんから転がり落ちた。神だか悪魔だかしらないが彼女の信じるものはTVでJリーグ戦に夢中であったため、その踊りをうっかり見逃していた。


シーン6
桃太郎は甘い果実の皮を剥がすように少年を脱がしている。それは脱がしても脱がしても涯がない。桃太郎は最後に出てきた希望を見て、これがパンドラの函であったことを知る。桃太郎は最早もどれはしないことを知る。


シーン7
残った桃太郎一行はというと桃太郎と猿であるが鬼達の歓待を受けている。盲腸のおひたし金粉がけ、ガンに冒された蜂の巣の脳みそ痛め、アルツハイマーの脳から抽出されたエキスをからめた銀杏蒸などが食卓に所狭しと並べられ、ブルゴーニュ人の鼓膜で覆われたワインをガブガブ飲んでいる。その時、猿は向いに座った女が追い求めていた女であることを知る。しかし彼は何も言わない。女も知っているようだが何も言わない。二人は黙々と料理を勧めあい、「うまい」とだけ何度も言って口に運ぶ。頬張る。料理を取り分ける。味見をさせる。切り分けてやる。皿の中身を交換する。愛を交し合う。それを見ていた鬼も桃太郎も感極まって涙を隠す。


シーン8
食事が終わるとデザートが運ばれる。その皿はからっぽである。私をどうぞといっていぬは自分の胸を刺す。鬼の女はその死骸を拾って家に持ってかえる。女はぶつぶつ呟いていた「美味しい毒を食らう、美味しい毒を食らう」


シーン9
桃太郎は鬼を成敗する。舞い散る桜の花びらを一つ一つ日本刀で裂くように桃太郎は殺していく。桃太郎は丁寧に切る。その切口の美しい形はダイアモンドの切口のように精緻を称えている。時々、桃太郎は切られる。血はその光景に金粉のように撒き散らされる。いずれ彼も死ぬ。そうしてパンドラの箱の希望が残れば人生は美しい。


シーン10 辻にもたらされる鬼畜の生首,丑寅の方角を向いている。その目は幾重にも濁りをたたえ、深遠に結びつく。その二つの空洞は冥界への入り口なのだ。一人の女が目玉の深遠に身投げをした。心中を約束していた男に裏切られたためだ。十月十日後、その男は江戸城のお堀の中から発見されるはめになる。その頃には生首も干されてからからに渇いている、その二つの入り口だけを残して。頑是無い子供達がその首で蹴鞠をして役人に注意される。



トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/212-ee6bd3d6

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。