刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

映画「ブレードランナー」の原作になったF・K・ディックの未来小説。最終戦争の後、人類は放射能灰の汚染に埋もれた地球から、新居住地である火星へ続々と移住をしている。僅かに地球に残るものたちは何らかの事情を抱えた者か、頑固にここにとどまる事を主張するものか、もしくは汚染され生殖不全と判断され移住を拒まれた「マル特」「ピンボケ」と呼ばれる放射能に汚染され機能が完全に果たせなくなったものに限られている。


フィリップ・K・ディック, 浅倉 久志
アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

動物の殆どは死滅の危機に瀕し、その荒廃した地球で主人公は屋上で電気羊を飼いながら妻と二人で暮らす。地球上では壊滅状態にある動物を愛しみ、機械ではなく本当に血の通った動物を所有することを一種の美徳とも呼ぶべきステイタスとなっている。電気動物は本物そっくりに精巧に製造され、富を持たない多くの人間があたかもそれを本物のように見せかけて飼っている。 主人公リックは、火星から逃亡してきたアンドロイドをバウンティ・ハンターである。火星でもアンドロイドは人間の心を紛らわすために精巧に人間そっくりの形に作られている。アンドロイド、いわゆる人造人間の製造は時を経るごとに精緻を極め、人間であるかアンドロイドであるかは容易に判別できない。人間そっくりに作られたアンドロイドは知能や、感情、人間と同じように個性を有しており、記憶装置により自らをアンドロイドと認識できないアンドロイドも存在する。現在は最新のテスト、フォークト・カンプル検査が適応されているが、それは技術革新との追いかけっこである。リックはアンドロイドを追いかける過程の中で、複雑な心境の揺らぎと不可解な感覚にとらわれていく。 ただ丘を登り続ける一人の老人が教祖であるマーサー教、人々がそこから得ようとする共感感情、感情をコントロールする装置であるムードオルガン、希少で高価な本物の動物を飼うことで何らかの感慨を得ようとする人間、。寂しさを紛らわすためにアンドロイドの所有。最新型アンドロイド、ネクサス6型、いくつかのオリジナルな状況を示した世界観の面白さに加え、感情というものへのいささか哲学的めいた問題が明示された深刻な種類のSFの金字塔。


?(冒頭)ーベットわきの情調オルガンから、アラームが送ってきた陽気なサージ電流でデッカードは目をさました。びくっとして起きなおり―急に目が覚めると、いつもびくっとなる―マルチカラーのパジャマ姿でベットから出て、大きく伸びをした。かたわらのベットでは、妻のイーランが陰気な灰色の目をひらき、まばたきし、また目をつむってしまった。「そっちのペンフィールドの調整が弱すぎんだ」リックは言った。

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/204-b6ddeccd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。