刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下室のメロディ 1963 仏

アンリ・ヴェルヌイユ監督
アラン・ドロン ジャン・ギャバン主演


刑務所から服役を終えて戻ってきた初老の男シャルルは、同じく服役を終えて還俗している仲間マリオとともに緻密に企てられた犯罪壮大な計画を持っている。それは南仏最大のバカンス地、カンヌのパルムドーム、カジノの繁盛期の堵金を全て強奪するという壮大な計画。

?ところがマリオはすでに足を患い、計画に加担することが出来ない。この計画には若くて、体力のある男が必要なのだ。そこで  一年間服役を共にした青年・フランシスに声をかける。フランシスは若く貧しく、あらゆる現実に苛立ちを抱えた青春期の青年。青春の匂い経つような腹立ちと甘美さの代名詞、アランドロンが演じる。彼らは自動車屋で働く叔父を仲間に引き込み、偽造の身分証を作り、身分を偽って、超一流ホテルに泊まり、豪奢な暮らしを見せかけ、カジノに出入りする。フランシスはショーの踊り子に近づき楽屋裏に自由に出入りする権利を有する。計画は周到に準備されるが、フランシスはその踊り子との恋に夢中になって計画をないがしろにしてしまい、シャルルに計画の破棄を通告される。


再び仲を取り戻した二人はカジノの支配人がシーズンの売上金を地下の金庫に収納する30分の間、警報スイッチが切られる隙を狙って、排気口からエレベーターの箱の屋根から忍び込み、地下へと潜入する。


アミューズソフトエンタテインメント
地下室のメロディー【ワイド版】

二人は奪った金を暫く隠し、バカンスの残りを楽しもうとするが、警察の追っ手が迫ってくる。金を詰めたカバンを持ち、パルムドームを離れようとする二人。ちょうどその場所にカバンを記憶していると言う支配人が警察に調書をとられている。行き場を失った  フランシスは持っていたカバンを隠すためにプールの底に鞄を沈め。なにげなくプールサイドの椅子にもたれかかる。

カバンのふたは水中で緩み、中から徐々に札がはらはらと浮き上がってくる。それは水分を含みゆっくりふやけながらプールの表面を覆ってゆく。プール一面が札の絨毯になっていく様子を呆然自失で見つめているフランシスと椅子に固定されたまま微動だにしないシャルル。


前編、モダンジャズが流れいささか沈鬱で渋く、爽快な雰囲気を醸し出している。ラストシーンのために全てがあるような映画。全てが無に帰していく様子が、ある意味では滑稽に、シュールに、呆然と描かれていく。それは青春期の無謀な愚かしさ、不必要な消耗、思い通りにはならぬ現実、滑稽な真剣さ、無謀な挑戦、果敢さ自体への挑戦と疲労、といった類を現しているようだ。陰影漂う、フィルム・ノワール。



トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/203-30051f89

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。