刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イキスギタリア 篠原有司男展

ボクシング・ペインティング:文字通りグローブに塗料を浸して、キャンバスにひたすら打ち付けてたり、擦りつけたりしていく。跳ね返る塗料を全身に浴びながら只管殴りつけていく様子が圧倒される。当時の美術界に何が芸術か?という波紋を投げかけた。現在74才ということだが、若者の数十倍も活力に溢れたおじいさんだ。

?

「セザンヌについて語る二匹の蛙」19世紀印象派の巨匠ポール・セザンヌのリンゴとオレンジ・サント・ヴィクトワール山を背景に睨み合う全長4mはありそうな二匹のカエル。イボに覆われ突き出された足やギョロついた目が奇怪。

?

?

彼の絵は鮮烈・炸裂・パワーの迸り。素早いドローイング、カラフルに殴りつけられた、また情緒や暗闇・喜怒哀楽さえ排除されていているためより「峻烈」に対して研ぎ澄まされた印象がある。

?

「洛中洛外 京都・パリ・ニューヨーク」

わ!パリのメトロの入り口からオルレアンの聖女・ジャンヌダルク差アマが兎と蛙を同乗させ、騎馬姿での出現(チラシより)

?

http://www.kirin.co.jp/active/art/kpo/art/now.html

トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/200-3bbe884c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。