刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッファロー'66

「最悪の俺に、とびっきりの天使がやってきた」

?

ミニシアター系では脅威のロングランを誇り日本にて一躍その名を轟かせたヴィンセント・ギャロ。本作は彼の生まれたニューヨークのバッファローの実際の本家を使って撮影した彼のルーツに基づく作品だ。監督、脚本、音楽、出演まで全て一人でこなし、そのマルチな才能を示した。

?

ストーリーはしょうもない罪で5年間投獄をくらったまぬけな男、ビリーが、出獄両親に電話をする。男はつい「高級ホテルから電話しているんだ、結婚して政府の仕事につき遠くに言っていたのだ」とうそぶいてしまう。彼はその言葉を証明すべく、電話代の小銭を借りた少女レイラを拉致し、両親のところへ行き自分の男を尊敬している優しい妻を演じてくれるよう頼む。車で道を行く途中に我慢していた尿意を思い出し、用を足そうとするがどの便所に入ろうにもうまく行かずに癇癪を爆発し続ける。用をすましたビリーはトイレに行きたくてイライラしてたんだゴメンよ、なんて素直に謝る。バッファローへ到着し、両親と食卓を囲むがビリーと両親の会話は全くかみ合わず、それでもビリーは両親の気をひくように一生懸命頑張っている。その後、二人はボーリング場に行くが、ミッキーはレイラに興味を示さずにどんどんボールを打ち込みピンをなぎ倒す。そんな不器用で愚かなミッキーを見ているうちにレイラはミッキーに愛情が沸いてくる。

?

画家であり、バスキアとバンドを組んだこともあり、バイクレーサーでもあった奇妙な経歴のギャロは全く個性的な監督で、莫大量のビデオコレクションと音楽のコレクションを有しながら、誰の影響も受けていないと自ら断言する。癇癪もちで完ぺき主義、ナルシストのギャロ監督にレイラを演じたクリスティーナ・リッチはもう二度と仕事をしたくないとの拒絶っぷり。一方ギャロは、レイラを理想の女性としクリスティーナをべた褒め。このあたりにもギャロ監督のミッキーに酷似した不器用なキャラクターを感じる。



ポニーキャニオン
バッファロー'66


トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/146-2e03204f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。