刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳優陣?

御手洗刑事 「『どうでもいい』・・・なんてのは大好きな言葉ですね、ブルジョワの搾取的香りがする。芝居の幕切れのセリフのようだ、『どうでもいいよ・・・』なんてね」





生粋の日本文学科出身、卒論は「源氏物語におけるもののあはれと月の満ち欠け」・・・川端を愛し、酒を飲み、意外にナイーブな感性を持った新宿警察捜査一課、 べテレラン刑事、御手洗役を演じるのは二宮修生氏である。いつか一緒にやりたいと思っていた方だったが、ついに念願かなってご出演いただけることになった。


スチル撮影時から表情作りに四苦八苦する俳優陣をしりめに、次々と表情の引き出しをあけ、早速の貫禄を発揮した。稽古が開始すると、美味しいところは全部食べていく感じで、ろうたけた演技はシーンに深みを出してくれる。刑事が感染センターを疑いだすシーンがあるのだが、思惑が幾重にも錯綜する感じで、まさに演技を楽しめるシーンになりそうだ。


経験豊だが、奢ったところはちっともなくむしろとても謙虚な人柄だ。演技に対して余裕があり丁寧なのはさすがで、辻褄があわないところなどは丁寧に聞いてくる。一緒に酒を飲むと、アングラ話に拍車がかかり、泉鏡花から寺山、唐、佐藤と当時の前衛たちの華々しき時代や舞台の魅力をトクトクと語ってくれるので楽しい。以前、鏡花の高野聖をやったとき、観に行かせてもらった。私も彼らの時代が大好きだ。だいたいは奥さんも一緒にのみに行くのだけど、彼女にも本当にお世話になっている。稽古がはじまるとつい目先のことに目が向いてゆっくり演劇を見つめるどころではないのだが、またゆっくり飲みにいきたい。



ちなみに明日から本番を迎えられる。日本でも大ヒットとなりドラマ化されたダニエル・キイスのアルジゃーノンに花束をのアレンジ版らしい。私も本を一気に読み干し、哀しい気持ちになった覚えがある。


「迷い猫」 綺想舎人魚亭 ピッコロシアター中ホール

28日18時30~ 29日13時30~


※※※※※※※※※※※※※※※

レトルト内閣 「楽園狂想曲」

特設サイトにてPV配信中。チケット好評発売中。

ご予約はこちらから

http://www.retoruto.com/rakuen/
※※※※※※※※※※※※※※※






トラックバックURL

http://shisyw.blog81.fc2.com/tb.php/133-9b85ea0a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。