刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年明けからリハ

正月明け早々にリハーサル。

この年始は「偶然の音楽」を再読した。
オースター作品はいつも新鮮な痛みを持って自分を出迎えてくれる。
生きることの苦痛の連続の発見と、この苦痛を存分に味わっている作者または登場人物との共犯関係。
それを優しさとして感じられることが何よりの喜びかもしれない。

今日は音楽のisolate lineさんが新作用に新曲を書き下ろしてくれたので、それに合わせてUME2さんが振りつけてくれた。isolate lineという繊細すぎる響きのお名前に、ギター弦よりもっと図太い神経の私は「カスリ傷が致命傷になるんじゃ」と話しかけるにも恐々とするが、楽曲のタイトルがあまりにも作品の寂寞と符号しているものだから、最近はなんだかむしろ彼とオースターを結びつけるためにこの機は設けられているんじゃないかという錯覚をしてしまいそうになる。

相変わらずUME2さんの振り付けは面白い。なんといって言いのか分からないけれど、まるで流れない、優美ではない形が、強制的に違うジグソーパズルをはめ込んだみたいに感じる。UME2さんの振りはある意味では全く古くないなと思うのでいつも感心して見ている。岡野さんもクスノキも謙虚で熱心ながらハニカミがちな人たちなので、かつてなくおだやかにリハーサルは進行している。

『instability』

ポール・オースター著『偶然の音楽』のオマージュ、パフォーマンス×音×映像の小作品。

2014.1.18(SAT) 20:00-21:00 2000yen(inc 1drink)@nu things

Dancer:UME2 岡野亜紀子 クスノキ漂流
Organize:三名刺繍
Music:Isolate Line
Vj:paravora

Ticket:nuthingsjajouka@gmail.com
大阪市西区阿波座2-2-22 ルポ西本町 B1F


140106 014311

表all
スポンサーサイト

HAPPY NEW YEAR

HAPPY NEW YEAR

夜、マンションの植え込みの所でツツジに紛れてぢっとこっちを見ているハボタンがひとつ。
キャベツが解けたような堅苦しい愛嬌。
帰って調べてみるとハボタンの花言葉は「祝福」などと共に「物事に動じない」「違和感」などがあるとか。

暗がりの中で「なぜ、こんなところに」と思いながら
奥ゆかしくもなく、華々しくもなく、ドンとそこに居座っている様子がかわいい。
今年もなんとかかんとか、やっていこうかな。

本年もどうぞよろしくお願い致します。
皆さんにとってどうぞ力強い一年でありますよう。

2014/三名刺繍

Evernote Camera Roll 20140104 131307

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。