刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.30 day

久々にグリム2008で共演したボイスパフォーマーのMILKLOTUSとバレエテクニックベースのコンテンポラリーダンサーのマユコに会った。この間、MILKLOTUSのライブに行った時、何か触発されるものもあって、久々に一緒にやろうと声をかけたのだ。ここ数年で彼女の表現形態も変わり、即興を中心としたエレクトロの、または民族音楽からの切り口は彼女の表現の幅を増幅させている。私もこの4年ほどで、進化したのかどうかは不明だが、退化したのではないことを願って、良いセッション成果を出したい。

まぁ、二人との話はほどほどに切り上げ、中崎町のマイノリティ文化サロン、コモンカフェで即興演奏を聴いた。意外と客が多いと思ったらほぼセッション参加のプレイヤーだったらしく、ベースやドラマーはもちろん、ボイス、キーボード、サックス、なんとオリジナル尺八から、トイガン、珈琲カップ演奏まで含まれていた!原口さんのドラムを聴きにいったのだが、原口さんの演奏は回を経るごとに感性が研ぎ澄まされているのが分かるが、それゆえ本人も飽き足らなくなっている気がする。無限の広がりを持ちながら、自分の穴を掘っていくような限界を感じるインプロサウンドはどこに行くんだろう。大量のサウンドによって、デシベルの芥にほり投げられ、インタープレイとアルコールのカオスはニルヴァーナへトリップさせてくれる。

終ってから、助成金作業をしてくれた代表と福田と落ち合い、礼を言う。なにせ当の本人は遊んでいたのだから、頭があがらない。かといって処理能力の高いクレバーな2人と一緒に作業して、処理能力の低さに悩むはめにならなくてよかったとも思う。作業を終えてショットバーで一杯やった福田は、疲労のあまり、あの当代きっての癒しキャラ「くまもん」みたいになっていた。うーん、いつ見ても酔っ払った福田はかわいくて壷にはまる。

一人きりの夜にJohn ZornのCDをまわすと頭がメデューサになるか、本当に寂しい女であることを思い知る。



スポンサーサイト

ハイパーウイルス

街が暮れなずむ頃、とある病気にかかった。
香ばしいカリカリの衣が脳裏に張り付きとれない。透き通る肉汁の染み出す音がリバーブたっぷりに聞こえる。
部位が想像できるほど大きな鶏の塊が目の前で踊る。
脳裏に「カリッ」という爽快な音がシンコペーションし、荒い黒コショウの水玉が草間弥生の妙なかぼちゃオブジェのように黄金の中に浮かんでは消える。

半年に一度、患ってしまう、あのカーネル・サンダース病である。
そう・・・夕方からケンタッキー・フライドチキンが食べたくて仕方なかったのだ。

あ、そういう貴方も今、口の中に唾液が湧き上がったのでは?
ええ、カーネル・サンダース病は伝染病なのです。
あれは脳裏に思い浮かべるだけで、かかってしまうという、空気感染よりも怖ろしい、イメージ感染力を持っている新種ウイルスです。
処方薬はただ一つ「トリ」です。「バード」の摂取です。

いつもどうでもいい話ばかりすみません。

レトルト内閣は只今、来年度公演に出演するクレイジーなアクターを募集しています。
クレイジーと言っても、挨拶できる程度のクレイジーでお願いしてます。それは「クレイジー」とは呼ばず「まとも」と呼ぶかもしれません。
ちらほら応募があるようで安心してます。
残暑厳しい休日に、部屋がからっぽならば、むしろ心の空洞を埋めるべく、メンバーでインタラクティブかつアブストラクトなUNO大会をやらねばならぬと考えていたところでした。

http://www.retoruto.com/event/aud2012.html


ところで、レトルト内閣のメンバーの二人、安定志向の二人が外部出演させていただきます。
劇団りゃんめんにゅーろんの作家であり、演出家である南出さんは、この方こそクレイジーかつ大変マトモな方で、非常にお世話になっています。どのぐらい世話になっているかというと、私に向かっていきなり「裸でフラダンスをメカニカルに表現しろ」と命令されても、言うことをきかざるえないぐらいです。・・・もちろんそんなことは仰いません。私の迷惑な妄想です。主演俳優の山本さんはレトルト内閣の蛇の足公演に出演くださり、ダンスの指導に来てくださったこともある、ユーモアとパンチ力を兼ね備えた俳優さんです。ダブルキャストで上演される本公演に藤と福田は別々に出ています。正直に言うと、どちらに行くかという問題は、どちらにも行かないという選択肢もありうるほどに悩ましい問題です。お時間許せば二つとも観に行くことをお勧めします。

http://www.ryanmen.com/

今月のCDとしてPlastikmanのアルバム買いました。この空白概念がいい。しかしこのシュールミニマルな映像・・・怖い。





なんなのさ・・・

『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』
これはポール・ゴージャンの最も有名な絵画の長ったらしいタイトルである。
タヒチで生きる人々が、寝そべったり、果物を採取したり、食べたりしている姿がなぜか胸に迫る。

ところでこの絵ほどに深く迫るものではなく、漠然と
私はどこから来て、なにもので、どこへ行くのか・・・と考える。

道を歩いていると、突然万札を鼻先にぶら下げられて、「お願いだから見せて」と見知らぬ兄さんに懇願され、丁重にお断り申し上げた後、古本屋に入り、「中島らも」と「石田衣良」とスーザンソンタグが特集された90年代の「ニューヨーク雑誌」を手に入れ、それを帰って交互に読みふけり、下町の汚ない店でおばちゃんが焼くうまい焼きソバと、上品なミニマル音楽が流れている店で白い皿に申し訳程度にのったカルパッチョと、木皿に乗った固く味のしないコッペパンを、交互に食べてるような・・どうも自分が間違っているに違いない、一体どうしたいのか分からない、こんな時には・・・
どこから来て、なにもので、どこへ行くのか

凡そナイーブとは縁遠いものかと思っていたが、最近頭痛に悩まされる上、何か得体の知れない恐怖に追い回されて、自然涙が出てくる。ドローン系音楽の聴きすぎと、ホラーを研究しているためという説もある。今日も朝から、泣きながら自転車に乗っていたのに、かのうとおっさんの公演に行って、心底突き抜けてお馬鹿な劇を見て、気持ちがすっと抜けた。混濁した面白さをありがとう、かのうさんと有北さん。なぜか知り合いがいっぱいいて、魂の抜けきったお二人に挨拶し、以前演出助手をやってもらった元気な是常さんのお顔を久々に見てから、この間ずぶぬれになりながら自転車に乗せて駅まで送ってくださった上田さんにお会いして、だいぶ気持ちが明るくなった。


『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』
黒沢美香さんのダンスってこんな表現。これほど音楽の力が強いパフォーマンスだと、もはやその組み合わせの混沌に感動するようなものだけど…。無表情以上に強い表情はない。










楽器奏者

「白色テロル」の常に体を壊している病人ベーシスト、ムッシュの誕生日が近い。欲しいものをリサーチしたら「彼女」だそうだ。音楽狂のムッシュ・・・金は全て音盤に、音楽雑誌に、スタジオ代に、ライブ代ノルマに、ライブチケットに・・・彼女に使う時間も金もびた一文残っていない様子だ。本当に欲しいのか・・・?むしろベースに恋してるとしか、思えない。我侭でかわいく、しかし思い通りにならぬがかわいいのは、まさに彼女。どんな音色になるかは奏者次第?低いボイスで、受け止めてくれるファムファタル。





ライ麦畑

この間、白色テロルの練習という名の飲み会をやった。料理上手の姫Tが材料を手に、家庭的な料理を作ってくれた。新城のコーラスとりをして、いまいちかな・・と思っていたら、1発だったにも関わらず意外といけていて、さすが新城だった。これをそのまま使うという訳にもいかないが、仮録としては納得できる出来栄えになった。ムッシュとアレンジについてあれこれ言って、途中で初夏にメールしたりして、楽しかった。

ミニマルダブとかいう、サンプリングした音楽を使ってループさせる手法が気になって、自分で作るときは色々と切り貼りして作ってみている。前みたいに、ドラム入れて、ベース入れて、ギター入れてという手順は踏んでいない。アイフォンで街の音を色々と録音してコラージュする。音楽のことを考えると楽しい、気になる音楽に出逢うと楽しい。楽譜が苦手、演奏も苦手、音感も乏しい、こんな私が音楽を好んで作るというのは変なことだ。

テレビでNHKの「ららら・クラッシック」の司会をしている石田衣良が音楽を聴きながら小説を書くと言っていた。どうりで石田衣良は音楽が聞こえてきそうな、文章を書く。音楽を聴くように、小説を読む人は最近増えている。皆、考えも奏でるようでありたいのかもしれない。

たまたまファッションショーを見ていて、かっこいい音楽だなぁと思って調べたら、影像作家もしている音楽家だった。絵も音も思考も全部一つだ。



内向的

昨日、ふとテレビを見ていたら「スーザン・ケイン」の「内向的な人が秘めてる力」の演説がプレゼンテーションの良い例として紹介されていました。何気なく聞いていたのですが、終った後思わずテレビに向けて拍手してしまいました。

例えばそれは、こんなメッセージでした。「世界は外交的な人材を育成しようとしている(特にアメリカでは・・)、外交的な人でなければ優れていないとみなされる。だが100%外交的な人はいないし、100%内向的な人もいない。想像力は一人でいるときに培われ、孤独は息をするのと同じくらい大切だ。世界には内向的なリーダーもいた。ルーズベルト、ガンジー、リンカーン・・・。外向性こそ、重要だと考えるのはやめよう。



わたしもなぜ他者と深く関わる演劇をやっているのか、謎の内向型人間である。時折、外交的になるべく全身の力を振り絞るが、後に怖ろしい疲労がやってくる。人柄も作品も外交的でないと成功しないと人は言う。

少ないながら演劇のリーダーには華々しい外交的な人に隠れて内向的な偉人もいる。
これは、最近気になる太田省吾さんのコトバだ。とても静かな方だったらしい。

―劇を行うにふさわしい者はおそらくこの世に存在しない。存在するのは、ただ現実の生活に適なさない面をもった者たちである。そして、そのうちの幾人かが劇を行うにいたるだけである-

―表現者とはものごとをよくわかっている者ではなく、むしろわからないことを多くもち、それを捨てない者の事であるという、あたらしい貌を感ずる―

前の言葉は、あの有名な大杉漣が入団するきっかけになったコトバらしい。太田省吾の演劇観は、はっとするほど心に響く。

・・・そしてなぜかうちの劇団のよしもとともしよの演劇観にそっくりである。
そんなよしもとともしよはイタリアへ新婚旅行に行き、わたしに一言の挨拶もないのを歯軋りしていたら、ミケランジェロの「最後の審判」の絵葉書をくれた。「芸術の神に愛されますように」と書いてあった。まぁ、素敵な王子様に愛される方がいいけれど・・・ということはさておいて、嬉しかった。絵葉書をもらうなんて、久しぶりのことだ。

太田省吾の戯曲集のPRがYOU TUBEにあがっていた。



2月出演者オーディション

三名です。

レトルト内閣では、次回作品に出演してくれる俳優を探してオーディションを行うことになりました。
出演者オーディションは初めてのこと。ふるって応募してください。

http://www.retoruto.com/event/aud2012.html


オリンピックも終わり、ようやくお盆ですね。
私の草葉の影のおじいさまは、芸事が大好きで、手品を習いに洋行した上、好きがあまりに嵩じたようで、家族を残して親類縁者を頼って、東京に修行に行ってしまったということです。でも放蕩が過ぎて東京の親類に追い出されて戻ってきたそうです。芸事全般好きで、特に吉本の芸人なんかも大好きで、ミヤコ蝶々がよく遊びに来ていたという話を聞いて、本当かしら?と・・・。でも間違いなく、私には、このおじいさまの血が流れているのでしょうね。小さいころ、おじいさんの家に行くと、おじいさんの手の平で、1本のたばこが2本になり、トランプが色々な形に変わったりしたものです。


そんな私は、珍しく立て続けに3本も舞台を見ました。ひとつは福田が出演させていただいた中野劇団さんの「残念なこと」少年王者舘の「かさね」、そして元パパ・タラフマラ演出家、小池博史の「注文の多い料理店」。今日は中野劇団さんを観に行ったのですが、今回で2回目見て、パズルのように組み立てられて初めて笑える、構造的な面白さに、改めて感心しました。

少年王者舘がいつもより完成度低めで、密度もいまいち、得意の瞬間暗転も、何か歯切れが悪く、明かり漏れまである始末。台詞テンポのリズミカルさも弱い上に、いつもは完璧にマッピングされた映像をフル活用しているのに、今回はどうも使い方もいまひとつ印象に欠ける。天野天街にしては、ずいぶん手抜きのされた作品に感じました。まぁ、舞台は水物、今日は調子が悪かったのかもしれない・・・

やはり一番良かったのが、元パパ・タラフマラ演出家、小池博史の「注文の多い料理店」。音楽のセンスが素晴らしくて、溜息。音楽だけでなく、力強い身体表現、衣装や道具の印象的な使い方。媚びない美学のあり方が素敵すぎる。やはり解散しても、憧れの人は健在でした。




サイモン・マクバーニー

なんとかアフタートークを終らせた。
緊張した上、たいして上手く話せず、予期したとおりの結果になった。
目指すは、客席を沸かす、カジュアルかつユーモラスなトークだったのに・・・アンドロイドみたいになってた。
学ぶべきは演劇の歴史や批評的な目ではなく、落語か講談かもしれない…。名前は妾腹亭始終にしようかな。

傷心したときは、村上春樹を少しだけ読むと良い。癒し効果は抜群。
春樹といえば、蜷川さんが「海辺のカフカ」を舞台化していた。
埼玉まで行く気力はもてなかったが、気になっていたので、「演劇ぶっく」などという、超マニアックな雑誌で、その特集を見た。アクリル板で出来た透明の箱にシーン全体を入れて、舞台上を動物園ゲートみたいに旋回させて展開するという、思い切った演出だったらしい。いつまでも挑戦し続けるおじ様はかっこいいな。

これはサイモン・マクバーニーという英の気鋭演出家による春樹の「象の消滅」。珍しく大阪にもやってきた。春樹の世界を再現するということからは、まるでかけ離れていたけど、映像や宙吊りを使って、視座を次々変える演出手法が新しかった。サイモン・マクバーニーは俳優4人が象の4本足をそれぞれに担当させて1体の象を現すといった、俳優自身がさまざま角度で俯瞰する練習方法を取り入れて、作品を作っているらしい。


いつか谷崎の「春琴抄」をやりたいと藤と言っていたのに、これを見てしまったら、もぅいいかという気持ちになってしまう。サイモン・マクバーニーは親日家で、日本文学にも思い入れが深い。


ロングで見ると緩慢なシーンも多かったが、ダイジェストで観ると最高に面白い。

トリシャ・ブラウン

三名です。
前述の記事でオリンピックは今ひとつ興味がわかない・・といいながら、テレビをつけると画面に内村選手の顔がUP。そのまま超人的な演技に見入ってしまいました。金メダル、万歳。

珍しくブログを更新しつづけてるのは、今のオフシーズンに勉強しておこうということで・・雑記帳変わりにブログを書いているわけです。小さい台本を2本書いているのですが、行き詰ったら、文献を読んだり、映像見たりしています。結局のところ、小さな頭から出てくる独創というイメージより、過去から教わることの方が多いようです。

というわけで、今日はトリシャ・ブラウンについて映像を見返したり、テキストを読んだりしてました。トリシャ・ブラウンといえば、コンテンポラリーダンスに関わる人なら、知らない人はいない、というほどに有名。といってもコンテンポラリーダンスにも現代美術にも全くかかわりがなければ絶対知らない人ですね。

1960年から活動を開始し、建造物とコラボするような新しい発想の切り口、現代に通じるゆるめのムーブメント、野外へ飛び出していくハプニング作品、様々なアーティストとアートをクロスオーバーする作品を創り、コンテンポラリーダンス界を牽引してきました。

これは壁を渡っていくダンス!?


MOMAでの建造物を使った作品



過去のユニークな作品の映像は公式HPから


オリンピックをまるで見ない。開会式を見て、ニュースでポイントを抑えるだけである。スポーツと演劇は深い関わりがあると思っているけど、(世界からサッカーと野球が消えうせたら演劇人口が増えると信じている。)興味がないのかもしれない。興味が無い・・・世界で一番怖ろしい言葉だ。スポーツに興味がないなら・・演劇にも・・・なんて不要な悩みを抱えてしまう。不要な悩みばかりだ、かつて有効に悩んだことがあったかどうか疑わしい。

ところで幼いころには水泳をやっていた。いかり肩というおまけまでもっている。泳ぎながら、プールの底のまっすぐなラインを眺めるのが快適だった、あの消毒の匂いもいい。小学生のころはマラソンがめっぽう速かった、なぜか「メリーさんのヒツジ」を心の中で歌いながら走っていた、マラソンを走りながらヒツジばかり思い浮かべた。中学のころは陸上選手だった。短距離走こそ苦手なものの、跳躍力があったので、跳躍をやっていた。結構、よく飛んだ。スパイクでグラウンドを踏み荒らしては、とんぼでならす、その繰り返し。飛んでる瞬間は無心になれた。人は何かになりたいというより、無になりたいんじゃないかと薄ぼんやり思っていた。やはり私の演劇のルーツはスポーツにあるのかもしれない。

下の動画はSAL VANILLAというパフォーマンスアートグループがオーガナイズした、スポーツをテーマにしたムービーだ。94-2005年まで国内外で活動している。なぜこんなクールな作品を作るカンパニーが解散したのか、理由も知らないけど、ムズムズとする。



作品のクールさもすごい。











Merce Cunningham

衣装の柴藤とイタリアンを食べに行った。途中から柴藤家からスープの冷めない距離に住んでいるレトルト内閣のモンティ・パイソン福田恵も呼び寄せて、三人で女子会・・とは月ほどに遠い三者会談が催された。

ところで私は今日、マース・カニングハムのDVDを入手して鞄に入れていたので、福田に自慢すると、「え、貸してくれるんですか」とかいう話になって、危うく奪われそうになった。「ダメ、見てないのに。これは自慢する為にバッグに入れていたの!」←ケチなうえに、自慢だけはするという、人間の浅ましさよ」・・・

マース・カニンガムはモダンダンス界にとって重要な人物だったが、ピナについで、2009年に亡くなった。音楽家のジョン・ケージと長く仕事をして、ジョン・ケージが取り組んだ、偶然の音楽(無作為に選びぬかれた、又はコンピューターによって組み合わせられた数字をもとに音楽を作る)の創作法を、作品の創作法にあてはめる試みをためしたりした。音とコラボレートするときに、各エッセンスを別々に自律させることにより、より混沌とした空間を作った。

福田様、本日は失礼をば・・・ひとまず、これを見て紛らわせてください。








Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。