刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の羊

本番終ってほっとしたら急に体調崩した三名です。
布団に包まって差し入れにいただいた小説やら、毛布の隙間から薄目を開いて映画を見たりしました。
ふわふわの毛布と羽根布団にくるまれて頭を出して散らかった部屋を眺めているとヒツジになった気持ちです。

「地獄、まっしぐら!」に登場したヒツジですが、あれはうちのメンバーのよしもともしよがやってました。
受付でヒツジ兼執事をやっていて紙ヒコウキを配るときたまにメエと鳴いていたそうです。

小学生や中学生時代に読んだ児童文学全集には「迷える子羊」という言葉が頻繁に登場しました。児童文学全集に掲載されるような西洋の偉大な文学には必ず、ヒツジが登場したものです。「神様、迷える子羊をお助けください」と言って皺の刻まれた老人が、哀れな奴隷が、高貴な夫人が、恋する令嬢が、苦悩を抱える青年が苦しみながら呟くのです。三浦綾子の「羊が丘」、春樹の「羊をめぐる冒険」、好きな本にもヒツジはちょくちょく登場します。

動物園で見るヒツジは呑気なものです。もじゃもじゃの毛を生やして、何を考えてるのだか、何も考えていないのだか、ぬくぬく、もごもご、もぐもぐとあごのあたりを動かしながら、漠然と悲しそうな目をして虚空を見ているだけです。

ヒツジは迷えるヒツジだけではなくて、夢の使いでもあります。ヒツジが1匹、ヒツジが2匹と柵を越えている
うちに人は夢の中へ誘われます。


大江健三郎の短編小説に「人間の羊」というのがあります。ちょうどベットの上で細目をあけてこの小説を読み返しました。バスに乗っていた男が外国兵にからかわれ、ズボンを下ろされてヒツジの格好をさせられて尻を叩かれるという話です。外国兵が去った後、屈辱に無言で耐える被害者たちに、被害にあわなかった傍観者の教員が訴えるべきだと彼を説得します。ヒツジにされた男はほっておいてくれることだけを望みながらじっと耐え、バスを降ります。教員はバスを降りてもなおもしつこくヒツジを追ってきます。そして無理矢理警察に連れていくのです。警察でもヒツジは自分の名前を名乗ることも出来ず逃げだします。励ましていた教員はその態度を憎み、全てを明るみにし、お前にも恥をかかせてやると言い放つのです。

「唖、不意の唖に僕ら≪羊たち≫はなってしまっていたのだ。そして僕らの誰一人、口を開く努力をしようとはしなかった。僕の喉は長く歌った後のように乾いて、僕の声は生まれる前に溶けさってしまう。そして身体の底ふかく、屈辱が鉛のように重くかたまって、僕に身動きすることさえ億劫にしていた。」(「人間の羊」抜粋)

こうして葛根湯を齧りながら眠っていると、私も次第に人間の羊になっていくようです。





スポンサーサイト

ご来場ありがとうございました

「地獄、まっしぐら!!」無事、終了いたしました。
多数のご来場ありがとうございました。
ステキなゲストをお迎えすることが出来、よい舞台になりました。

http://www.retoruto.com/hebi01/index.html

i+phone+191_convert_20120219144331.jpg

i+phone+189_convert_20120219145049.jpg


地獄、まっしぐら

いつも本番はやってくる!あー、内心ひやひやでしたけど、通してみたら面白い!よかったぁ、今なら床中にトンガリコーンが敷き詰められていてもなんとか耐えられそう!

それにしても福田が鬼のごとく頑張った。毎日山と届くメールに実は福田恵は3人いるんじゃないかと思った・・・。やっぱり最後に頼るのは俳優のラストスパート、あとは音楽!太鼓を叩いている初夏ががむしゃら追い上げてくれた。あとはバッチリ、リハを決めて挑むだけだぁ!

地獄まっしぐら!実は事故やら病気やら本気で厄災に見舞われた公演だったけど、なんとかこぎつけた!
観に来てくださいませ。本公演より面白いかも・・よ・

http://www.retoruto.com/hebi01/index.html

地獄、まっしぐら!!

ベーシストのムッシュむらいはに連れられビルボードのDr. Johnライブに行きました。ニューオリンズのファンキーなグルーブにボルテージ上がりっぱなし。100キロオーバーしてそうな、丸いバックバンド陣営が赤子をひねるように軽く演奏してる!ベースのチョッパーがかっこよすぎ!干上がっていた想像力がコンコン沸きました。白色テロルももっと面白いものを作ろう!たまには奮発して凄いものを観なきゃいけませんね。

ところで私の演劇人生に大きな印象を与えてくれたパパ・タマフマラが解散します。六本木で観た「白雪姫」は生涯観た演劇の中で間違いなく5本指に入る作品。私が観たタマフマラは後期の作品でダンス寄りにはなっていたものの、それでもダンスとも台詞とも美術ともいえない圧巻世界は演劇に対して新しい視点を持ちました。演劇は世界だ!と言ったのは誰だったか・・奇しくもその最後の作品が「白雪姫」。東京まで観にいく算段がつくか…迷い所です。

さてうちのツンデレ女優、松本茜が外部出演しています。
この間、中華を一緒に食したときに美しい心で八宝菜のうずらたまごを譲ってくれました。
八宝菜のうずらたまごといえば、唯一のパール!
満月動物園の作品。松本ファンの方はぜーーーーたい必見です。
http://www.geocities.jp/full_moon_zoo/

そしてうちの代表、川内(パソコンが友達)と美術の西條(盆栽が友達)が伊藤えん魔プロデュースでお世話になっています。
川内のキレ味鋭い演技と、西條の不可思議美術。こちらは来来週!楽しみに。
チケットご予約はコチラから。

そしていよいよNext Weekに迫っているのが「地獄、まっしぐら!!」
3本立てでレトルト内閣のスパイス女優福田が全て主演しております。
私も初めて会話劇とおぼしきものに苦戦。
福田は多忙と「ヒロインなんて無理ー!」という絶望の中を右往左往し、
作品だけがとっても暖かい感じに仕上がってきています。
最後の作品はゲストに悪い芝居の山崎彬さんとりゃんめんにゅーろんの山本祐也さんを迎え、初夏がDjembeを叩き、映像が炸裂する豪華舞台。もちろんレトルトの俳優陣もスペシャルで出演するからお見逃しなく。

ここをクリック!!!
http://www.retoruto.com/hebi01/index.html

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。