刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLAY

昼にうなぎを食べ、夜にうなぎを食べ、一日はうなぎに食べられました。

最近、演技については俳優に委ね、お互いの領分侵すべからず。というようなある種の敬意を持って俳優を見ているのですが、でも入りたての方などは気になるところもエベレストほどにあってついつい口を出してしまうものです。

夜中に玉三郎の映像を見てました。玉三郎が言った言葉でもっとも共感出来たのは「僕はたまたま舞台に立っているだけで、観ている人は僕を透かして背後にあるものを見ている」という言葉です。

優れた踊りとは何かの質問に対して、「見終わった後何を見ていたのか分からなくなるもの」(後から感覚だけが残る)とも言っていました。

言葉に出来ないことを言ってくれた気がしてうれしかったです。玉三郎は本番が終わったら飲みにも行かずまっすぐ帰って、友人との電話ですら声の調子を整えるために控えるのだとか。天才でもこれなだから、いわんや凡才をや。がんばらないといけないなと思います。




スポンサーサイト

猫もしゃくしも皆、詩集。

猫もしゃくしも皆、詩集。

「猿とドレス」のリハーサルスタートしました。今回は井原、上田というキラ星を迎えての10周年公演第二段です。思えば3年目の友梨、初夏もすっかり一人前、2年目の佐伯、一宮も愉快なポジションを確立しつつあります。あ、ちなみにチケット発売日は宮様ご生誕の日だったようです。

そしてベテラン陣ももちろん奮闘。今回は久々に松本茜が主演ということで、茜ファンは必見。相方はよしもとともしよで、吉本、松本のこのダブルポンコンビは新鮮です。それを支える、藤、福田、川内はもちろん注目。

なんといっても不思議な本を書きました。拝啓、カフカ・カミュ・ベケット、イヨネスコ、ハロルド・ピンター様という感じです。というわけで見に来てください。

さて隣の女が自分を真似るという話ですが、扉2つ、同じ服の二人といえば、もちろんこの有名な映画!




猿とドレスチケット発売!

暑中お見舞い申し上げます。

皆様暑い折には心さむざむとする「刺繍草紙」など眺めてお過ごしください。

さて本日よりいよいよ「猿とドレス」のチケット発売開始でございます。良い席と、良い人はおはやめにキープください。さもなくば売れ残りとなり、大変寂しい思いを致します。

チケット予約は下記ページから

http://www.retoruto.com/sarudore/

脱稿・・・

時間があればつい台本を書き直す女、三名です。次のレトルト内閣の作品は「脱稿できない女」です。嘘です。

次作「猿とドレス」が走りはじめました。アパレル業界ということでお洒落さ抜群のサイトがOPENしてます
http://www.retoruto.com/sarudore

ところで話は変わって白色テロルなのですが週末にイベントに出ます。アットホームなイベントにアットホームではない歌を歌う予定です。イベント名「にゅるにゅるナイトVol.3」の「にゅるにゅる」は労働者の汗と涙の表現でプロレタリアな雰囲気もある?ゲストドラマー兼、あひる口コメンテーターの初夏も叩いてくれるよ。ドラムや性根などいろんなものを。

7/10(日) 「にゅるにゅるナイトVol.3」
【チャージ料金】1,600円1D込
14:45 OPEN
15:00 山しんじろう
15:40 猟奇ハンター
16:20 白色テロル
17:00 おとめプロジェクト
17:40 異業種混合バンド
18:20 どかたまセッションバンド

【会場】ライブバー長居Depo

大阪市住吉区長居東4-6-6イコンビルB1F
地下鉄御堂筋線 長居駅5番出口でてすぐ

http://ameblo.jp/hakusyoku106/

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。