刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万歳、英国王室

マンホールの蓋を踏まないように歩いて帰ってきました。昔、マンホールが月に似てまんまるなので、地面に張り付いた月をはがそうとする人の話を舞台でやったことがあります。よく見ると近所のマンホールは大阪城の透かしが入っていて、あたかも地面に城の幻影が浮かんでいるという感じです。道の月も、透かしの大阪城も、偽物は想像の中で本物と重なりあって、そのイマジネーションは脳内で本物よりもずっと綺麗に結ばれるのです。

明日から中ノ島のABC春の文化祭が始まります。明日はいつもゲストで出てくださるABCアナウンス部の上田アナ直筆の舞台があります。そして「安定志向」の舞台。彼女たちは本当に面白いこと請け合いです。是非観にいってください。

昨日、レトルト内閣のリハが行われ、マイク調整から音響のレベル調整から照明きっかけまで怒涛のような調整をスタッフさんが必死でやってくれました。大野町卓球大会は秋にライブハウスでやったものの改変なのですが、いつまでも完成しない不思議な作品です。どんな風にもやることが出来るし、自由で、でも厳密な作品です。前回やったときに楽しさと可能性、そして悔しさを持って終わったので、今回もチャレンジしてみました。リハを重ねても自由で、可能性と届かない感覚が消えないのです。

私が絵画的な美意識の方に志向があり、動的な立体演出の力に欠けるかこともあります。インフラも非常に重要で照明や音響も非常に重要な位置を占めます。いずれにせよレトルト内閣の作品は自分にとって難しい作品であることを思い知らされます。とはいえ、なんともいえない作品の不思議な感じは、こんな奇妙なことを考える劇団はうちしかいないだろうと嬉しくなる作品です。グリム2008や金色雀、花の病気の系譜をB級とエンタメに変化させた作品で脆いアンダーグラウンド傾向が気に入っています。

というわけでお客様をホールでお待ち申し上げています。



レトルト内閣で映像をやってくれていた萱野さんはサカナクション山口一郎が敬愛するレイハラカミの後輩らしい…!衝撃です。



スポンサーサイト

ご来場ありがとうございました

「Theater Live劇薬」無事終了しました。
ご来場いただいたお客様、どうもありがとうございました。ご出演いただきました方々、ありがとうございました。
今後とも「白色テロル」をよろしくお願いします。

昨日、高熱の中、気合と根性で稽古に参加したレトルト内閣、佐伯の雄姿に感動をおすそ分けしていただき…風邪ひきました。朦朧としておりますので、ライブの報告などはまた後日。ひとまずお礼まで。

来週は劇団レトルト内閣参加のイベントがあります。

http://www.retoruto.com/event/abc2011.html

劇薬

明日はライブです。レトルト内閣の制作,上島ちあきさんに「色白のちあきさんへ。ライブに来るように」と白色テロルにかけてメールを送ったら、「美人の三名さんへ」と返信が来ました。

ありがとう。お陰さまで天にも昇らんばかりの気持ちになりました。今日のメールは記念として薄っぺらい思い出のアルバムに保存されます。

というわけで、明日はライブハウスでお会いしましょう。お会いした時、美人と言うことに全く同意出来なくても気にしないでください。そこまで多くを求めておりませんので安心を。



劇薬web用

ありがとうアメーバー

七転び三名です。

レトルトの稽古は散々だったものの。可愛い初夏と並んで帰ったためにどうにか気力を取り戻しました。

地下鉄のホームで他のメンバーにも会い、電車の座席で二人の新人さんと肩を並べて帰りました。二人のうちひとりは上田氏といって、シザーハンズが刈り取ったような頭をしています。丁度、毛虫に齧られたマッシュルームだとか中途半端に刈り取られた秋の田を思い浮かべていただくとよいでしょう。

「何故、えもいわれぬ形にしたのか」問うたところ、「美容師さんと分かり合っているから」という返事でした。それは素敵な髪型なのですが、わたしとしては自身は美容師さんとあまり分かりあっていなくても良いように感じました。

そんな個性的な上田氏が去った後、「僕なんか個性的というより草食男子で」といって無意味に凹んでいたのがもう1人の新人、井原氏。凹むことでは誰にも負けたくなかった三名も更なるノーリーズンで一緒に凹みました。しかしうつむいた後、隣の井原君を横目でちらっと見ると…どうにもこうにも何かに似ているな・・・・と思ったら、なんと神社のお稲荷様に似ているのです。妙に神妙な心持になってしまいました。もしや、何かの啓示?

そんなこんなで降車駅で「ライブ頑張ってください」と優しい言葉をかけてくれた、よしもとともしよさん。お礼を込めた愛想を振りまくために、立ち止まっていると、三名に向けて乗客が一丸となって乗り込んで来ました。乗客って乗ったが最後、憔悴しきってゲンナリするくせに、乗車時にだけ見せるあの強靭な「乗るぞ!」という鉄の意志はなんなんでしょう。あの瞬間、人間は無私の存在になり「乗る」という意識の集合体だけが迫ってくるのかもしれません。


とりとめもありませんが、週末はライブ・

http://www.retoruto.com/gekiyaku/

ようやく動画の貼り付け方を覚えました。関係ないけどクラウス・ノミ。



丸の内でナンパ!

今日は頭だけでなく、服装も春の装いで数センチ浮かれました三名です。お蔭様で久々にナンパされました!梅田の稽古帰り、「今から一杯だけ飲みに行きませんか」と誘ってくださった素敵な男性(男性だと思う!)の顔が若干「へのへのもへじ」といった印象であったことを省いてはうれしい。礼儀正しい喋りの口調は、昔、丸の内でナンパされた素敵な自称編集者のお兄様を思い出しました。

お蔭様で良い一日で御座いました。来週も良い一日になるよ。失敗さえしなければね。南無。


というわけで来週はライブです。ゲストで来てくれたドラマーの初夏はレトルト内閣の俳優さんなのですが、今日も細目を細めて、練習に励んでおりました。退屈という言葉から最も遠い方です。
http://www.retoruto.com/gekiyaku/index.html


そしてレトルト内閣出演のABC春の文化祭のチケットは完売したようです。嗚呼、でも来て下さい。当日券が出るので、楽しい舞台です。

http://www.retoruto.com/event/abc2011.html



追伸 比較的時間のある時などは三名刺繍のナンパにご協力ください。お互い人生を助け合いましょう。

レトルトにはこんな人がいるよ

三名刺繍地位向上委員会参謀本部本部長の三名刺繍です。地位向上のための良い方策を考えました。松本茜にメールすることです。松本にメールすると、たとえ写真の一枚、一言でも必ず5時間以内に連絡をくれるのです。

例えば
三名 「おっ・・・」
とメールするだけでも
松本 「どうされました?言葉にならないことって世の中には沢山ありますよね。何か言いたいことがあればいつでも言ってくださいね。私でよければ聞きますよ。それとも甘いものでも持って行きましょうか?」
とかいう3文以上で構成された親切たっぷりのメールが返ってくるのです。

こみたおにメールするのは地位向上に良くありません。
こみたお「そうやってむやみに人を錯乱するのは良い傾向とはいえませんね。人は人のことを常に慮る必要があると私は考えます。言葉は尽くすもので、単語ひとつ、擬音語ひとつで推測を余儀なくされる曖昧な表現は好ましくありません」とかいうメールが帰ってきてかえって凹んでしまいます。

福田恵にメールをするのは地位向上にメリットです。彼女は返信がはやいばかりか
福田恵「何か発見されました?私は女の子が上目遣いに見る角度があざとく見えるラインと可愛く見えるラインの境界線が何度であるかを検証の終に末発見しました」などというユニークなメールが返ってきて楽しませてくれるでしょう。

もっとも神経に悪いのは佐伯にメールをすることです。彼はきっと眼鏡を淵をそっと触るだけで、携帯のプッシュボタンに触れる前にそのことを忘れてしまうでしょう。そうしてメガネの淵をさ迷った指先をテレビのリモコンのスイッチなどに移し変えてしまうというわけです。かくして私の地位向上研究ノートには佐伯の名前が赤ペンででかでかと記入されるというわけです。

というわけでレトルト内閣は春の文化祭に出るよ。

その前にテロルのライブだよ

http://www.retoruto.com/gekiyaku

注 上の話はフィクションであり、実際の人物とは65㌫しか関係がありません。

劇薬

前回からレトルト内閣に可愛い美術さんが入りました。会う人ごとに言うのですが、末の妹に似ているんです。私の妹といえば今はカナダにワーホリ中なのですが半年以上たったある日、「お姉ちゃんが好きだろうと思って」と風車のハガキを送ってきました。なぜ風車なのかはさっぱり分からず、ドン・キホーテらしいということなのか、はたまた風のように生きているなのか・・・

話は戻って昨日、舞台美術の西條とメールしていたのですが。話の続きで
「私は今デビット・リンチ(映画)を見ているよ。面白いからオススメ」とメールしたところ西條が「私は今『くれよんしんちゃんヘンダーランドの大冒険』を観てます。オススメです」と返してきた
『くれよんしんちゃんヘンダーランドの大冒険』!・・・
敗北感・・・・
次に西條にメールする時は、
「NHKの『テレビでロシア語』を観ながら、明石家さんまの口元をどうにか真似できないか研究しているよ!」とか言わねばなるまいと思っています。


関係ないですが、西條と白色テロルのコーラス嬢「新城」は響きが似ています。新城はコーラスが上手くいくいかない日々に関わらず、ダイエットに成功しています。

ところでレトルト内閣の代表が素敵なサイトを作ってくれました。すごい!これは行かねば!

http://www.retoruto.com/gekiyaku/
劇薬web用

テロルブログはリニューアルされました
http://ameblo.jp/hakusyoku106/

もうすぐ




黒鉄ゾンビ
なにかとヤサくれ気味の小劇場ボヘミアン。ボーカルの高橋氏はシェフの気まぐれ『怪獣からブルース・ウィリスまで』という2008年7月から更新を諦めたブログを持っている。この間、「コキカル」を観に来てくれ開演後数分で夢の中へ旅立れた。クッキーモンスターのパンクソングなどを歌う時、彼らはちょっとだけジャンキーなセサミストリートに見える。

ペス山ーズ
ポールダンサーである、やけに色気がある。朗読をしたりもする、渋いのが好きみたいだ。歌ったりもする、そこらへんのボーカル顔負けである。仰天するようなことをする、笑わすのが好きなようだ。彼女が何者なのか知れば知るほど分からない。

流転
白装束で音楽を奏でたりする。お経に似ている、魔術かもしれない、黄泉からの叫び声かもしれない、洗脳ソングかもしれない。変な周波が体から発せられたりする。これを聞いた後、壺や布団を買ったとしても何の責任も持てない。


shunshun's
間違いなく今回一番の実力派である。演歌の人に見初められて演歌を歌ったりもできるソウルフルな可愛い彼女。ファッンキーだけど、どこか耳に懐かしい音楽を演奏する。





斜塔

調子と人生は傾き気味、三名です。

本日、レトルト内閣のABCホール、春の文化祭に向けた稽古がスタートしました。松本がみっちり基礎練習をやってくれ、錆付いた体を久々に動作させたら節々がプスプスいってます。

そして今日からニューフェイスの井原君が参加してくれました。18歳。私も常に気分は19だけど…。あ、もう、ごめんなさい。今の記憶消してください。

ちあき、友梨、初夏、佐伯に続いて若いってまさに…「恐るべき子供たち」ですね☆あ、でも今回の見所はなんといっても福田恵です。大きな声ではいえませんが、いつもとは全然違う福田が見れるはずです!

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。