刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレガンスロック!「白色テロル」再結成のお知らせ

レトルト内閣 GWの公演チケット、売り切れました!どうもありがとうございます。
ミナはまだ売れ残ってます!売りつけたいところですね^^
皆様、残り物にはサチが!・・・ないけど・・・

・・熨斗と金一封つけて差し上げます。

え、不幸招き猫?(いやいや・・・)
え、空気が澱む清浄機?(・・・)
え、欠陥商品?(頭のネジが3本ほどとれて、性格が少し座りが悪く・・・)

クーリングオフはなしでよろしく!

さて、エレガンスロックバンド「白色テロル」では新しくHPをアップしました。
闇でぷっつんエレガンスドラマーのエリカ嬢が作りました。奈良美智好きの彼女らしく、CUTE。

http://www.geocities.jp/hakusyokuteroru/index/toppage.htm

さて、そんな素敵なHPと裏腹にこのところ白色テロルは楽しい地獄巡り、急流すべり三回転ツアーに行っていましたが、全員負傷の帰還とあいなりました。

※詳細
「白色テロル」ではこの春にバンドの再編があり、ボーカルのマルヤマトモコが脱退致しました。またベースのムッシュむらいはと共に、彼の音楽仲間を中心に新バンド「マルヤマはんとかもがわカルテット」を結成の運びとなりました。

マルヤマは努力を惜しまない良いボーカルで、短い間でしたが白色テロルで頑張ってくれました。彼女からは色々な刺激をもらいました。これから彼女なりの音楽世界を描いていくとのこと、またベースのムッシュも彼女の歌に惚れ込んでの結成ということで、私たち白色テロルとは進む道が異なりましたが、共に音楽をやっていくことには変わりあらず、皆さん応援してやってください。

そして、「白色テロル」では初代ボーカルの高依ナヲミが復帰することになりました。色々とご迷惑をおかけした節もありましたが、互いにかけがえのない存在として再結成を望みました。新たな気持ちで音楽を作っていこうと思っていますのでこれからも高依を含めた白色テロルとして応援ください。ムッシュ・むらはいはは継続して掛け持ちでのテロル参加になります。

ますます腕をあげてきたドラマー、エリカ嬢、この一年で見違えるように表現の幅を広げたアコギの新城、最近はアレンジのことも幅広く携わってくれるギターの奥野、音楽マスターとしてバンドをリードするムッシュ・むらいはと共に6名で再び音をあわせていき、また皆様にお目見えする日も来ようかと思います。

MY SPACEに三名の打ち込み楽曲で彼女が始めて歌ってくれた歌「夢の花床」をアップしていみました。まだバンドもやっていない頃。知り合って間もない舞台の稽古場で彼女がなにげなく鼻歌を歌っているのを聞いて、「なんて綺麗な声の人だろう」とふと静かな気持ちになったことを思い出します。また彼女に自分の曲を歌ってもらえることは幸せです。

http://www.myspace.com/hakusyoku

さて明日、千葉さんのライブが西宮でありますので、はりぼて三名邸に宿泊してくれることもあり楽しみです。彼女も新たなブログを開設した模様、彼女のブログは山あり、嵐あり、台風接近!そして美しいものもあり、香りありです。香りをいただくブログなんて近頃じゃ珍しいかも。

http://mio-chiba.blogspot.com/2009/04/blog-post.html


そして三名がもうひとつ所属しております「soi+4」ですが、HPがあります。こちらも解散の危機にあおられながらも、どうにかやっております。楽器陣の皆さん、非常に凄腕ですので、三名は非常に粛々とした気持ちで隅っこ参加しております。音の粒の繊細さやそれを楽しむことを教えてくれるバンドです。

http://www.eonet.ne.jp/~tbc4/soi/
スポンサーサイト

美女の大根役者か醜女の名女優か?

観た映画の一覧をエクセル表にせっせと打ち込んでみました。
コクトー・カーフェイ・黒澤・、ブニュエル・ゴダール・カラックス・フェリーニ・・・
一覧を眺め回して分かる事は、このくそ忙しい時分にエクセルで過去に観た映画の一覧表を作るなんて・・・自分はけっこう不憫な女だということです。(うっ・・・)

皆さんにお尋ねしたいのですが、不憫な女と痛い女の分岐点はどの辺りでしょう・・・。
リスキーなエリアを千鳥足!
久々の美ログ更新。タイトルは深いものですが、全然関係ありません!
壁紙をピンクにしてしまいました。調子に乗ってあの世まで渡ってみようとする三名です。

さて先日、レトルトの俳優、よしもとと夜な夜な話していて、「やはり三船というのは観れば観るほどすごい俳優だ」という話の流れになりました。「いやいやでも志村喬というのもなかなかすごい俳優だ」と吉本が言うので、その考証をすべく、黒澤の「生きる」を見たのですが、なかなか鳥肌止まらない感じですね。名優というのは本当にいるもんです。

さてさて、そんな名優を目指して、レトルト内閣のニューフェイスの紹介ページが出来ました。

http://www.retoruto.com/shinzin/index.html

なんか「未来」を感じますね~ふふ。

あら、三名が「ふふ」なんて書くと、1年B組の優しい国語の先生というよりは、八百屋お七の亡霊かと思いますね~。

それに比べ、どこぞのだれかの暗っらい写真ときたら~
「過去」を飛び越え「前世の怨念」感じますね~
ほんと、神様すみません。
わたくしは「未来」に期待薄のため、「来世」で頑張りたいと思われます!!

てなわけで今後ともレトルト内閣をよしなに。

内閣憲法

序文
レトルト内閣劇団員は、恒久の舞台作品を念願し、作品を支配するあんまり崇高でない理想を深く自覚するのであつて、平和を愛さない演出家の不公正と不信義を信じて、まぁ、とりあえず劇団と我が身の安全と生存を保持しようと決意した。

第一章
演出は劇団員の象徴である。実力なくとも象徴!毎練習ごと、拗ねがちで心の狭~い演出家に心にもないお世辞を言うことは劇団の総意に基づく。


あなたの人生の犯罪の数は?

悪運上昇中!人生もブログも怠け気味、三名です。

数年前、付き合っていた(と勝手に思っていた)方にお別れを告げたところ
e・・・(俺たち付き合ってたっけ?)
みたいな反応をされ、豆腐の角に頭打って流血沙汰になったことがあります。

はい。何事も思い込むのはよくないですね。
最近では色々悟りを開いた挙句、「なるようになってる概論」「まぁ、いいか総論」・・などをまとめ
最近では一風物珍しさが売りの女に成長しているような・・・誰かとめて・・

時を経ると、ベルリンの壁のごとく立っておられた「モラル」など、その崩壊のごとく、今は道端の蟻ん子程度の趣ですね。
友人が不倫に憂き身を窶そうが、若干の法律違反に手を染めようが、台本のネタとして扇子をパタパタしちゃう勢いです。
でも気になる男性や女性に電話するのは1時間ぐらい悶悶としたあげく、明日にするという可愛い行動をとります・・・。
(ええ、可愛いと思っているのは自分です。・・・思うのは自由)

他人には愚鈍なれど、自分のことには繊細すぎる三名とよく似た想定読者の皆様のために
「いい加減」を「良い加減」にまで高めようという人生の交通安全運動運動実施中。
突如、予想外の対向車に不意打ちをクラって、とうふの角に頭をぶつけぬよう注意を促しています。

皆さん、たとえ好奇心にかられたとしても、人生の黄色点滅交差点を渡るのはやめましょう!
また左右はよく確認しましょう。

こんにちは。時々轢かれて、鼻血を出している三名です。
面白ブログ好評中。
ただでさえ、才能に溢れるところを、面白ブログを書く才能まであるなんて!
これで人生を見通す才能でもあったら、こんな風ではなかったろう!

そんな疑わしい人生を生きるあなたに素敵なご本を紹介します

アガサクリスティーといえば推理小説ですが、これはちょっと趣が違います。
しかし、こういうのこそ推理小説といえるかもしれませんね

汽車に閉じ込められたご婦人がもてあまされた時間の中で,日常の出来事を色々推理していくわけです
[そういえば家に帰った時、娘は変な顔をしていたわ}・・・とか
(なぜ旦那はあの時、あんなことを言ったりしたのかしら?)・・とか
(そういえばあの奥さんと旦那はあんなに離れて二人で会話もなくベンチに座っていたりしたのかしら)
そうして自分がしてきた罪の数に気付きはじめるのです
それは怖い話ですよ・・・
でも最も怖いのはそのラスト・・・・それは読んでみてください。高校時代の愛読書です。

春にして君を離れ (クリスティー文庫)春にして君を離れ (クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る




笑い飯も出演するABCイベント

般若の笑顔のようだった1週間・・・・そんな週末、ヤケ酒の三名です!

ABCホールイベント決まりました。
レトルト内閣のお供え物のタイトルは
「プリーズ・マリー・ミー」
20分ぐらいの作品です。

ABCホール一周年記念イベント春の文化祭
http://asahi.co.jp/abchall/event/index.html
レトルト内閣の出番は5月2日
入場料はなんと1000円
同じ日にM-1ファイナリストの笑い飯も出演します。

というわけでイベントのためのレトルト内閣の幹部会議でシャンパンを片手に自暴自棄な饒舌をふるった三名です。
翌朝、頭痛とともに、喋ったことの意味が分からない三名。

「結局、演劇とは空が青いにまさるものはないっていうことよ!」
(注釈:会議終盤での盛り上がりで放たれたピーパー語)
「え、どういうことですか?」(メンバー)
「え、なんでわからないの!」(三名)

(朝起きて)
え、わかんないな・・・頭、痛い。
とりあえず・・・・後悔してみる?・・
でも、後悔しても後の祭りだから、意味づけでも考えてそれっぽくしておくのが最も適切な処置か・・ふむ。

というわけでレトルト内閣の面々は難局を乗り越えるたび言葉を越えたところで理解が深まる。
「あの人はああいう人だから」とか・・・(最近の三名につく枕詞)


たんなる劇団会議とばかにするな!・・・その果にあるのはもはや「許し」の境地!!

小学校の先生となっている教育係の代表
 「みなさんに分かる言葉で説明しましょうね」

もはや霊媒師になってきた藤
 「悲しい感じの台本ということは・・・・楽しい感じの台本ということですね!」

観音様のように悟ってきた松本
 「大丈夫!とにかくいい感じですよ」

同じ宇宙言葉を喋るよしもと
 「空が青いってことっすね!めっちゃわかります!」

無我の境地に至っている睡蓮
 「う~ん、なんとなく、分かるような分からないような、どっちですかね?」(聞くなよ・・・いや、考えようによっては深いなこいつ)

理解をちらつかせつつ、意味のない話に標識を立てていこうと苦心するこみたお
 「仰ることは僕には分かりますが、やはり他者への伝達という観点から、広く一般的な概念に還元していく必要がありますね。
まずは先の問題について系統立てて整理してみませんか・・・」

というわけで新人教育。もしくはただの翻訳係・・としての決意を新たにするメンバー。

ってなわけで、三名のピーパー語、「三和辞典」を25万円で絶賛発売中です。

三和辞典
「涙を流して喋ってみよう」→「笑いながらジェスチャーで」
「能スタイルでよろしく」→「とにかく止まって」
「なんか物足りないなぁ」→「色気がないんだよ、ば~か」

WBCは終わりましたが、皆様の犠牲フライとして生存中のミナです。

ブログの更新を首を長くして待っていた(想定)読者の皆様こんにちは。
なにはともあれ、タイトル長いよ。全てが妄想、三名です。

嫌なこと続き!

厄災鬱憤 有多苛立 鬱扇風機 是好回転 (なんちゃって漢詩で号泣)

最近は吼えてカーペットに転がりまくるというあんまり可愛くない犬によく成り下がり候。
ちょっと元気になればナタリーの(TORN」〔張り裂けるわ!)を熱唱!
こんなに寂しい毎日に体重と食欲の落ちない寂しさが余計寂しい~(さらに熱唱、もう熱病)

こんなトラブル続きなのにあてつけがましく桜の花の次々に綻び候。
そのおちこち、花の白さよ、すわ!世界の円形禿か・・・


しかしながら肝を冷やしながらも台本を恐る恐る献上候えば、奇跡の台本閣議一発通過!
人のこころはいさしらず、花は香る・・・のか?

というわけで本当にどうでもいい前置き10行、わりとどうでもいい本題2行

レトルト内閣はオーディション期間を終え、新たなメンバーで新しい作品を作っていくことになりました。
どんな刺激を受け、どんな作品が出来上がっていくのか楽しみです。間もなくレトルト内閣HPにニューメンバーが紹介されます。


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。