刺繍草紙

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和」なもの

余分なものが溢れている、ついあれもこれもやってしまっている。しまった!

目指すは世阿弥、観阿弥の「秘すれば花」のはずなのに・・・遠い・・・室町の遠き世によくもこんな芸の至高を完成させたものだ。平成に生きる我々はどうすればいい?我々自身が余剰生産物なりや、いなや。


「和」な感じでお願いします。

という言葉に?マークが飛び交い気味の稽古場、いまひとつ「和」な感じの説明がうまくできない。

「和」とはなんぞや?


和風雑貨の格子模様?否

赤い縮緬細工に兎の飛んだもの?否

金の扇子に牡丹をあしらう?

果は富士山?日の丸?お相撲?腹切り?サケ?


「和」・・・これは難問・・。

日本の女性の美はどこにある・・・例えば伏目、うなじ、足のつま先のすぼめた所。ちょっと隠れて伏せられたところ。御簾の中の美人は御簾の中だから想像力が掻きたてられてより美人なのだ・・・西洋は出せば色気、日本は隠すが色気だ。


シンメトリーを好まず、城壁はいびつに積み上げられ、庭石は一貫性なく配され、道はくねくねまがる。

石一つで宇宙。砂地に弧を描けば川。


茶碗の割れ目には世界の深遠が宿る


襖にはちょろっと薄墨で薄が一本 描いていない白い部分を見るのだ・・

日本美学はケチの精神

正確に模写するのをとうに諦め、想像力こそ最大の美として手を抜く。


堤の音は鳴っていないところを聞く、静寂を聞くのだ


「蛙飛び込む水の音・・・」はぽちゃんと音がしたため、より静かということが分かるから名作だし、

5.7.5のすざまじい短さは想像力がなくば、何の面白さもない。


ややこしいことに、日本人は銀閣に対して金閣、能に対して歌舞伎を作るような二重性も持っているので、華美このみ、ごちゃごちゃ、祭りはうるさくというのも対する和の美だが、その面白さを話すは今回さておくとして


「和」なるもの、奥深し・・・というところでしめくくります


梯子は「見立て」て神輿となり、その上に何が見えるか、やがて梯子は大樹となる。白い装束の人々が歩くそれは、人生の「見立て」だ。我々は何に「見立て」られるだろう。





スポンサーサイト

レオノール・カリントン

「アニマリズム」を検索してみたら、辞書に、「在来の道徳観にとらわれずに、刹那的な生命の充足感を求めて、人間の欲望・本能を積極的に肯定する考え」野獣主義。とあった・・・、なるほど。


今回の「グリム2008」もお気に入りの台詞群があるのだが、その一つに

「嫌なんだよね、今日は晴れだし、夕飯は豆腐だし、ニキビは赤いし」

「嘘、嘘ぶっつこいちゃった~、これも嘘、、みーんな嘘、笑う角に福が来た~俺に福来い」

っていう狩人の台詞がある。

ゲストの山本氏が相変らずの発想転換型演技でいい。

この台詞はアニマル性を示している。むき出しにされたアニマリズムの我々という存在。


バタイユが名付けた「動物性(アニマリテ)」という人間の内在的間隔意識の秘密・・・グリム2008のキーワードの一つは「アニマル!」

ビートに浴する二足歩行の猿の群れ!

むき出しの本能、刹那、そうして生命の充足感・・・



豹柄マフラー、ファーの帽子、鰐皮の財布、シマウマ柄のタイツ、蛇皮ヒール、鳥羽の髪飾り・・・・半獣に美を見る女性達のまたは男性たちの欲望の形は、原始に戻るここちだ。グリム2008のキャラクターには静かな野生が宿る。カリントンの世界のようになればいいと思う。


http://www.tendreams.org/carrington.htm




デレク・ジャーマン

「ブルー」という名前の気分は何ゆえ名付けられたのだろう


デレク・ジャーマンの『ガーデン』という作品は私に掌の聖痕という感覚を植えつけた。

聖痕とか原罪とか・・・クリスチャンではないので、「業」といえばいいのかとにかく自らの存在というものがかわいそうでもあり、疎ましい。


そのデレク・ジャーマンの遺作が「BLUE」。彼はエイズで死に向って歩いていく最中にこの境地にたどり着いた。

全編、青い画面が流れているだけ・・そこから不安な、訴えるような、黙々とした声が聞こえて来るだけの驚きの青い映画だ。


私が人生を終えるとき・・・至る境地を色に、もしくは模様のようなものでもよいが・・・、例えられるだろうか。人生を色や模様や香りになぞらえられるならば、きっとよかったと思える生き方なのだろう。「ガレの硝子細工に描かれた虫の細い足の茶色と橙色の花の間に溶け合った曖昧な白乳ママレード色」なんて言えたらどんなにいいだろう。もしくは「色彩のない色」だったらいい。きっと今の自分を見ているとそんな風には決してならないだろうが。詰まりつまるところ、つまらなくなってしまいました・・・



話はそれるが、映画といえば「グリム2008」のゲスト、福田氏が茜嬢と前回ゲストの上田伯と映画を作ったらしい。私に内緒でこんな楽しいことをやってるなんて!なんてやつらだ。福田氏はレトルト内閣、3度目の出演なのだけれど、彼女ほどの玉石混交ナイスなビューティはいない。無駄に注ぐ情熱と人を笑わせ楽しませることへのあくなき追求心が尋常越える。彼女は純心トムソーヤとしての俳優業に取り組む珍しい方なのだ。


http://kantokufukuda.blog82.fc2.com/


福田氏と舞台を作るのは本当に楽しい。次々と玉手箱をあけ、玉手箱がなくば作りに行くぐらいの貪欲さでアクトする。福田氏を見ていると不思議な考えが沸いてくるのだ、今回も不思議なキャラクターが降臨した。「悩み相談所コーナー」の『パンダJ』というエセDJだ。ああ、なんでこんな変なキャラクターが私の頭の中に・・・それは彼女の仕業なのだ。



ロン・ミュエク 白昼夢

気になる美術家がいる。気になるといっても、好きとかではない。朝起きてふと朝がやってきた悪夢!のような感じで脳裏にときおりぼわっと浮かぶのだ。ロン・ミュエクは最近、アート系の雑誌でよく見かけるようになった。 シリコンとかファイバーグラスとかいう素材を使って彫像を作るオーストラリア出身のアーティストなのだが、体毛から皺の一本にいたるまで丁寧に再現し・・・しかも赤子とか壮年期の男女だったり皺の多い素材を選んでいたりする・・・重要な点は大きさが普通の何倍もある。


http://www.flickr.com/photos/doctorboogie/2225895295/in/set-72157603553239561/


とにかく・・・朝起きてミュエクの作品群がちらちら頭を過ぎるようでは、とうとう、やきがまわったのと言うしかない。


最近はものを作るときに好き、嫌いを考えなくなってきた。じゃあ、何を基準にするのかと聞かれても困るのだが、まぁ、白昼夢呼び覚ますかどうかというのは新たな基準になるかもしれない。


ちなみに今朝は楽しい夢をみた。白雪姫役の松本が私に向かい、「ひどい~」と絶叫!その後に凄い勢いで列車がやってきて、ムンクのような顔をした私は、銃に撃たれる瞬間の民を描いたゴヤの絵のごとく両手をあげて線路を疾走し、鉄条にしがみつくというものだ・・・ああ、アートは私を豊にしているだろうか・・・・しているとして、その何かとは悪しき種類のものだったりすまいか・・・それともそんなこととは全く関係なく、茜嬢がわたくしに黒魔術でもかけているのかな・・・


ブライアン・イーノ

久々にアルバムを購入した。ブライアン・イーノの「another day on earth」。


気分が暗かったので、ふと昔のことを色々と思い出し、最近よく遊びにいらっしゃる後悔という名前の方とか、嫌悪という名前の方とかと仲良く並んで座っていたのだけれど、そうしたら夏にとりわけ冷えた温度が身につまされる。


ブライアン・イーノを聞いていたら、昔の頼りない記憶や周囲の悪意や遠慮を身に感じて疑心に身をさらすよりは、遠い地球の裏側で蝿のたかる食品を売るために屋台に立ってるネパールの親爺や、貧しくて自らの園でとれた珈琲豆を飲むしかないガーナの大家族や、名も知らぬ国に住み、電話を使ったこともない人々の暮らしを思うほうがずっと有益だという考えが頭を占める。


イーノを環境音楽と呼ぶなら、それは人々に世界や歴史という感覚を呼び覚ますという意味での環境音だと思う。涙は遠くからやってくるって言ったのは誰だったかな。自分のちっぽけな愚かの壷から湧き上がる涙よりは、遠くから来る涙を知る人間になりたい。


CDに解説がついていて、その中で解説者がイーノをインタビューしたときに印象に残った言葉を書いていた。「実際に自分がやっていることは二つ。一つは自分が聴いてみたいと思える音楽、そして二つ目は今まで自分が聴いたこともない音楽を作ることなんだ」・・・・。それはものを作る人の言葉だ。


今日、稽古に遅れていって朦朧の頭でリハを見ていたら、藤とか睡蓮とか、こみたおとかからふっと何かが立ち上っている。で、劇団員という私の仲間は「美しい共犯者」で「何かを企む者」なのではないかという考えが頭を過ぎった。彼らは「世界を麗しく殺めようと」画策している優しい悪魔所業の行為者であって、彼らの望みはただそれだけなのじゃないかしらと・・・言いえて妙!とか勝手合点するのは孤独な触覚なせる業なのか。謝。




ブルジョワジーの秘かな愉しみ

勝ち続けの阪神優勝を祈願して・・というわけではないが、我が家での宴会が3日続いた・・・。

初日は淀川で花火をし、労働のあり方について・・・派遣か、バイトか、正社員かみたいな話をし

2日目は淀川の奥地を散策し、学び得ていく人生か、失いゆく人生かで議論を沸騰させ

3日目はマトンを焼いて、部屋中が油臭くなるなか、人生と恋と結婚と、みたいな話題がかわされた。


「食する」「飲む」という行為は「享楽的」であればあるほど愉しい。明太子の薄皮に浮かぶ赤い筋を見るようなそんな悦びがある。何かを入れ、何かを吐き出すその緩み、汗腺とか口元とか思考回路とか、筋肉とか・・・・そのしまりのなさがいいんだろう。会話もしまりがなくなる、その緩みだしの解け目がいい。解け目の糸をつーとひっぱるられるような快感とか解けていくときのぶよぶよの思考の浅ましさもいい。時々、それらが深刻に話され、涙を呼び、翌日からっと忘れているのもいい。


ところで宴会といえば、「ブルジョワジーの秘かな愉しみ」という映画がある。ルイス・ブニュエル監督の作品だが、私はグリーナウェイ・ケン・ラッセル・シュワンクマイエルとか食と欲望を結びつけている映画が好きで、とりわけでこのブニュエルの作品が欲望と食と夢とを繋いでいるものとして愉しい。


ブニュエルはシュルレアル作品を作る監督で、どこまでが夢か現実かその境目をなくしてしまう。豪華な晩餐を楽しもうとする主人および客人たちは様々なトラブルでその欲望を成し遂げることができない。幾たびも晩餐はセッティングされ、そのたびに滑稽で珍妙な終わりを告げ、やがて彼らは欲望を満たす幻覚まで見るようになり、現実を侵食しはじめる。麻薬・・・性交、死、観劇・・・・滑稽な舞台が次々とセッティングされ、夢想に煩悶する彼らはまさしく「饗宴」地獄を見るはめになるのである。


と・・・三日の宴会を終え、異を労わりながらそのような映画を思い出した。今回の「グリム2008」も狼が赤頭巾とおばあさんを食するシーンが出てくる、白雪姫がりんごを齧るシーンが出てくる、七人の小人が食事をするシーンが出てくる。そして男が女を女が男を食するシーンがある。それぞれの饗宴をうまく欲望と絡めて描きたいところだ。

三人姉妹

地点の「三人姉妹」を見て久々に、舞台の空気で心が揺さぶられるという経験をした。膠着した日常、どこにも行き着けないであろう感情、何も生み出さないであろう会話。チェーホフの戯曲は退屈だという私のイメージを見事に覆し、その硬いイメージを見えないガラスの牢獄のように浮かび上がらせる演出手腕に打ちのめされた。


前衛演劇の多くが取り組んでいるセリフの意味と発音と身体とそれらを解体し、バラバラにつなぎ合わせた手法。カタカナ、ブレス、平仮名・・・!、※、★★・・・~~。解体された部位を繋ぎあわせることをやならければそれはただの散漫で、新しいことをやったというだけの舞台なのだけれども、この「地点」の俳優は見事に台詞の真意を伝えてきた。むしろ断絶された断片の中で、太い真意だけを伝えてきた。意味も分からないのに、ただ心だけが強く揺らされて台風の中の大木のようななんとも不安な気持ちにさせた。


古い家を捨て、夢を持ち展望が待つ「モスク バ 」へは決して行けない姉妹、舞台は大きな拮抗が生まれていた。

スティーブ・ライヒ

・現在、名村造船所跡地「black chamber」で行われている

 alphactにご招待していただいたので、ここに紹介しておく

 http://alphact.jp/achievements/act4/


 注目すべきは、音楽。繊細で歪むようなオルタナ音は底の方から突き上げてきたり、空に破れ目が出来たりす    る力がある。ダンサー(俳優)は本格的であるものの、ダンスジャンルの出自の違いを乗り越えられずに拡散しているのが惜しい。強いて言えばKATSUというダンサーに光るものがあり、空気に揺さぶりをかけるところまで行っていた。京都発信でジャンルを越えようとするアート志向集団で挑戦心や冒険心のようなものを全体として感じる。今週末、北加賀屋へ行って是非ご覧になってください。


・もう一つ現在、後輩の劇団である「突劇金魚」が現在公演中である。

こちらはまだ見れてないのだが、周囲の噂から鑑み、クオリティの高い作品となっているようで、作家「サリング」

のワールドが一段と極まっている形のようだ。彼女自身が絵を描くこともあり、色彩豊かで色のマジシャンのような夢幻舞台を作る。女の子のドキドキやワクワク、期待や失望を等身大で描く彼女の作品を是非見に行ってください。

http://www.kinnngyo.com/


今日は「alhact」を見に行った後、Cinema IM(グリム2008のボーカル、マリ嬢がおわすバンド)の2コードセッションに参加し、くたびれて帰ったらなんと12chの芸術劇場でスティーブ・ライヒ「18人の音楽家のための音楽」が演奏されている・・・しかもライヒ自身が弾いている!感動のあまり興味がありそうな人に即メールするという金夜のいやがらせを実行。濃い一日でした。

クリストフ マルターラー

一昨年から気に入って通っている近畿大学の世界演劇講座・・その番外編ともいったオフ講座が中崎のアートスペースで開かれ、クリストフ・マルターラーの作品を始めてみた。


マルターラーというのは、私には始めての名前だったが、ドイツ語圏では絶大な人気を誇る演出家で、毎年、昨年度上演されたドイツ語演劇(ドイツ・オーストリア・スイス)の中からベスト10を選びフェスティバルをするという演劇祭に十数年連続で出場しているほどだという。


一口に言えば音楽劇なのだが、ドイツの構造美学の要素とブレヒトの血を引く不条理と、ミュラーの血を引く美学とを彷彿させながら、なんともいえない面白さを醸している。歌は聖歌のような厳かなラインで俳優の歌唱はよく訓練されている。


どこかの待合に集う人々、壁からペイント文字がゆっくり落剥する。ベルが鳴ると、人々は小部屋に向かい手を洗い席につく。乱雑にコップが配られ、緊張感のもとティーパックが投げ配られ、音を立てながら皿が配られる、パウンドケーキのようなものをボロボロこぼしながら食べる人々。精神的な荒廃や崩壊を思わせる中に、半分尻を出したり、突如転んだりする滑稽な仕草が観客の笑いを誘う。


この世界演劇講座、行くと必ず何かのヒントやインスピレーションを貰うので、忙しさをかいくぐっていったのだが、案の状、今回のグリム2008においてのヒントも沢山いただいた。特に5章の小人のシーンでやりたかった雰囲気をそのままに再現したようなところもあった。


感想を求められて、上手く説明できなかったのだが、途中でふと思いついてこの作品は「積み木」の面白さだと考えると非常に上手く納得できた。黒髭危機一髪やぐらぐらゲームを思い浮かべながら、その緊張感を極度に高めた上で積み木の造形物を作るとして、少し傾いてもひやひやする、ぐらぐらするとはらはら面白い、ピッタリはまると嬉しくてたまらない、崩れるとそれはそれで笑える。積みあがると楽しくてたまらない。大切なのはその前提となる緊張感なのだが、ちょっとしたシーンにも莫大な練習量をかけたと思われるその静かな緊迫感が素晴らしい。


グリム2008にもこの緊張感が出れば成功するということが証明された。ナチス親衛隊の行進からドイツ建築の伝統から、フリッツラルグやドイツ美学が彷彿される。ドイツ演劇はやはり素晴らしい。


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。